サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ログ

5.入院~手術

Y子さんから

Y子さんからまたメールが届きました。


  今ケセラセラさんのブログ見ました
  もしかしてY子さんて私のことかななんて
  そして他の皆さんのコメント見て
  がん告知されても一度も泣いたことが無い私
  今涙が止まりません・・・


  なんて嬉しいことなんだろう・・・
  顔もみたこと無いのに
  励ましてくれてる、応援してくれてる
  やっぱり一人じゃないんだと
  改めてケセラセラさんの大きな思いやり、
  気持ちを穏やかにさせてくれる言葉、
  本当に感謝してます
  ありがとうございます


いいんだよ、泣きたい時は思いっ切り泣いて。
私も1人でよく泣いてたもん。ρ(- -、)

みんなのコメントがあったかいね、嬉しいね。


この間買ったメッセージブックに、こんなメッセージが。
Book
  うおら~!
    たまには発散しないと、
    身が持ちませんよ。


Y子さんは11日入院、12日の午前の
二人目に手術と決まったそうです。


手術はだいたい2時間くらいだよね。
それに、輸血はしないって私の主治医が言ってたな。


切り取った物は、弟と妹が見せられたって。(^^;
ホントに申し訳ないっす。m(_ _)m
弟には連帯保証人になってもらったからかな。
妹はその付き添い?


私の場合は、午後4時半に手術室に入って
病室に戻ったのが7時過ぎだったみたい。
そんな1年前の事を思い出してます。


Y子さんが入院する11日は私も通院日。
そして12日の手術が無事に終わるよう
心から祈ってるからね。頑張ってね。

今頃になって..

最近の脇の下や腕の痛みで思い出した事がある。


入院した日の夜に、弟と一緒に
主治医から手術について説明を受けた時のことを..


でも、その時の記憶がどういうわけか
途切れ途切れなんだよね。(^^;


「脇の下のリンパ節を取るときに、
 どうしても神経を傷つけるために、腕に痛みが出たり
 多少浮腫(むく)むこともありますね。」


確かそんな言い方だったと思う。


手術の同意書の控えを引っぱり出して見たら、
用紙の隅にこう書いてあった。


術後合併症
 出血・感染・皮弁壊死(※)
 リンパ液貯留
 知覚異常・むくみ
 運動制限


これって、PMPSのことじゃん。
もちろんPMPSという言葉は出てこなかったけどね。


そうかぁ、主治医はちゃんと説明してたんだ。
と、今頃になって納得する私..(^^;


※「皮弁壊死」で検索すると、ビックリするような写真が
目に飛び込んでくるから、ご注意を。
「皮弁壊死」とは、手術した傷の周囲の皮膚が
血流障害をおこすこと。


その他にも、
 腫瘍に伴う石灰化が広く分布し
 癌の浸潤が広い範囲に及ぶ可能性あり。
 乳房切除が望ましい。
と書かれていた。


 今夜のおかず
豚肉と野菜のしょうが炒め、いわしの味噌煮、納豆


豚肉と野菜の炒め物、いわしの味噌煮、納豆。
納豆はひじきと煮干っこ入り。

乳がんの医療費~私の場合 & この5ヶ月を振り返って

治療が一段落したので、今までの医療費をまとめてみた。
(※国保3割負担)


病院の領収書やノートを見てると
その時々のことが鮮明に思い出される。
病院の領収書とノート

2006年11月検査開始
11/02 初診 エコー・マンモグラフィ 10,090
11/07 CT中止(造影剤アレルギー?) 210
11/13 針生検 4,460
11/21 絆創膏交換 210
11/24 切開生検 11,380
11/25,28 絆創膏交換 420
11/30 告知 210
11月分合計 26,990
2006年12月入院・手術
12/07 入院打ち合せ 210
12/18 紹介状&データ貸し出し 750
   〃 セカンドオピニオン 810
12/20-31 入院 (12/22手術) 215,610
12月分合計 217,380
2007年1月化学療法(抗がん剤治療)・血液検査
1/04 抜糸 210
1/10 採血・抗がん剤1(入院一泊) 43,110
1/16 採血・抜糸 660
1/23 採血・ノイトロジン注射1 5,587
1/30 採血・抗がん剤2 30,170
1月分合計 79,737
2007年2月化学療法(抗がん剤治療)・血液検査
2/06 採血 1,640
2/13 採血・ノイトロジン注射2 5,270
2/17 診断書 10,500
2/20 採血・抗がん剤3 30,170
2/27 採血・湿布薬 1,130
2月分合計 48,710
2007年3月化学療法(抗がん剤治療)・血液検査
3/06 採血・ノイトロジン注射3 6,260
3/13 採血・抗がん剤4 30,670
3/20 採血 650
3/27 採血・湿布薬・ノイトロジン注射4 4,990
3月分合計 42,570
2007年4月血液検査
4/03 血液検査 1,640
4月分合計 1,640
支払い合計
\417,027


検査が始まった去年の11月初旬。
初めは不安で不安でよく泣いてたなぁ。
切開生検で麻酔が切れた時は痛かったぁ。


「残念ですが、乳がんです」主治医に告げられた言葉。
セカンドオピニオンの先生との出会い。
入院、手術、そして大晦日の午後の退院。
1人、アパートで泣きながら見た紅白歌合戦。


乳がんなんかでお前を死なせないっ!と抱きしめてくれた姉。
通院の送り迎えや、入院中毎日顔を出してくれた妹。
手術前夜、一緒に主治医の説明を聞いてくれた弟。
何度もお見舞いに来てくれた姪っ子たち。


背伸びをして抱きしめてくれたKちゃん。
セカンドオピニオンの先生に会わせてくれたT子。
泣きながら話を聞いてくれたK子。
このブログにコメントをくれるみなさん。


いろんなことを思い出したら泣けてきた..(ρ_;)
みんなに感謝。いま生きてることに感謝。
ありがとう♪

乳がん 乳癌 乳ガン 手術 検査 費用 治療費 医療費 代

術後1ヶ月 今の状態

昨日は夕方からログイン出来なかった..(-_-メ)

今も寝る時に
右腕(術側)の下には折ったバスタオルを入れている。
それは、入院中に看護婦さんが教えてくれたんだけど、
腕がとっても楽だし、リンパ液の流れを助けるんだって。

それから、看護婦さんから言われた大事なこと
 ・術側の腕での注射、採血、血圧測定はダメ
 ・術側の腕のケガ・やけど・日焼けをしない
 ・術側の腕で重いものを持たない

脇の下に鉄板でも打ち込まれたような嫌な感じは、
糸で引っ張られているくらいに変わってきた。

ひじの上の、細い針で刺されているような
チクチクする痛みは無くなってきた。
少し痺れてる感じがするだけかな。

2~3日前から、歯磨き後の歯ブラシの水切りも
痛みを感じないで出来るようになった。

術後から今も、握力には全く問題なし。
入院中、洗濯物(タオルや肌着)は妹に頼んだけど、
下着(パンツ)だけは、ずっと自分で洗って
ギュッと絞ってカーテンの後ろに干してた。

「乳房手術を受けた方への日常生活管理ガイドブック」 クリックでPDFファイルが開きます  (←
 病院からもらったのと同じ 手元の冊子には
 監修:慶應義塾大学医学部 外科/池田正先生とある
「乳房手術を受けた方への日常生活管理ガイドブック」
 クリックでPDFファイルが開きます)
「壁のぼり体操」が、まだキツイ。




左に比べるとまだまだ右手が上がらないね
左と比べると、20cmくらい差がある。

あとは着替えのとき。
Tシャツやセーターをどうにか着ることは出来ても
脱ぐときがチョッと大変。

でも、
トイレでお尻が拭けるだけ、マシってもんです。

これだけは入院中に踏ん張って、あっいや、
頑張ってクリアしましたよ。

自分で自分のケツを拭けないなんて、
それじゃ惨めだもんねぇ。(^^;

今日は採血と2回目の抗がん剤かも..
行ってきます。

告知、手術、初めての抗がん剤までを振り返って

手術が終わって、抗がん剤治療が始まってからは
前のようにネットで調べまくって、
体験記を読んでは落ち込んで泣くことは無くなった。

一番不安だったのは、告知を受ける前夜だったかも。
それまでは、泣いてばっかりいたから。

確かに乳がんと宣告されたのは、
チョーが付くくらいショックだったけど
敵の正体が分かってホッとしたって感じかな。

ぶっちゃけ、今でも「何で私が?」っていう思いは
頭の奥にこびり付いてるけど..

今はね、良くなるだけ、そう信じてるし、
「病は気から」って昔から言うじゃない?
たとえ三歩進んで二歩下がっても、
一歩前進なら大丈夫、問題なしでしょ。
下を見ても上を見ても切りが無いし..

最近ネットで調べていることは、
もっぱら、免疫に関すること。
乳がんなんて病気になると、
イヤでも今までの食生活を見直すもの。

友だち..

さっき、入院中に何度も顔を出してくれたT子が来た。

「はいこれ、ちょっと遅いけどお年玉。」
と言って手渡されたのは、ポチ袋。

そこには、T子、K子、H江の名前が書かれていた。
「お年玉なんだからお返しは無しだよ。」
そう言われて涙がこぼれそうだった。(ノω・、)

「抗がん剤が終わったら、美味しいもの食べに行こうね。
大丈夫、乗り越えられるんだから..」

乳がんを乗り越えたT子(術後10年経過)の言葉は、
ホントに力強くて大きな励みになる。

T子の強引さに負けるように受けたセカンドオピニオン。

その時のN先生のメモと、主治医のD先生のメモを見比べてみると
手術方法(メスを入れる位置や傷跡)から
3種類の抗がん剤の名前、治療法(CEF)まで全く同じ。

なんかスゴイなぁ。
うれしくなっちゃう。(^^)

こっちの一方的な思い込みかもしれないけど、
先生との信頼関係は、ホントに大事なんだなって、
今さらながらに思う。

命を預けてるんだものね。

ちなみに、ポチ袋には抗がん剤1回分相当の現金が..
とりあえず、K子とH江に電話でお礼を言う。
本当にありがとう。m(_ _)m

世の中、銭です..(^^;  治療費(入院・手術費)のこと

保険屋さんから届いた診断書を病院に、
国保高額医療費支給申請書(12月分)を市に、
それぞれ提出。

といっても、まだ運転に自信が無いので、
妹に代わりに行ってもらった。

妹は
「出来る人が出来る時にやってるだけだから」と、
食事の差し入れや、買い物、病院の送迎など、
まるで自分の子どもの面倒でも見るように、
私の面倒を見てくれている。

逆の立場なら、同じように出来るかな..
感謝の気持ちを忘れないようにしなきゃ。

他にも、メールや電話で励ましてくれる友だち、
ここにコメントを下さるみなさん、
嬉しいな。ホントにありがとう。(^^)v

入院・手術費用(実際に支払った金額)
 12日間 215,610円(国保3割負担)
 術後用に売店で購入 
  胸帯(胸にするサポーター) 1,580×2枚
  紙パンツ 210×1枚
  ------------------------
   計  218,980円
※検索して来られた方のために再度掲載します。
参考になれば幸いです。

入院3日目 手術当日 12/22

くもり

とうとう手術の日。さよなら、おっぱい。
朝から絶飲食。

午前
 手術着に着替え。
 紙パンツと血栓予防のハイソックスをはく。
血栓予防のハイソックス

↑血栓予防のハイソックス

 手のひらにマジックで名前を書く。

点滴開始
 点滴開始。(今見ても痛そう..)

午後4時半 手術室へ
看護婦さんの「音楽のリクエストは?」の質問に
「クラシック音楽を」と言ったものの
麻酔医の「はい、眠くなりますよ」の一声で
コテンと眠りに落ち、音楽がかかっていたのか記憶に無い。

目が覚めると、病室の天井。
兄弟が私を取り囲んでいる。
なぜか、とっても薄暗い。
「消灯までいるからね」の声で、まだ消灯前なんだと分かる。
酸素マスクが蒸れて暑苦しい。
この時、痛みは感じず。

看護婦さんが何度も様子を見に来る。
わきの下に氷を挟んでくれたり、
右腕の下にタオルを入れてくれたり、
看護婦さんも大変だ。

真夜中、酸素マスクをはずしてもらう。
蒸し暑かったので少し楽になった。

入院2日目 手術前日 12/21

くもり

朝食
●↑ 朝食

午前 麻酔科で説明を受ける

昼食
●↑ 昼飯

午後 脇の毛を剃られる その後入浴 (^^)

夕飯
●↑ 夕飯

「Dr.コトー」の最終回を見てしまう。
テレビを消した10分後に巡回。ホッ。(^^;

入院1日目 12/20

晴れ

午前
 採血・心電図・肺機能検査
 個室へ入る
手術までのんびりするよう病院の配慮らしい。

入院1日目の私
病院のパジャマに着替える。まだ余裕の私..

午後
 採尿・腹と胸のレントゲン


クリティカルパス(医療の予定表)
クリティカルパス(医療の予定表)での説明。
売店で胸帯と紙パンツを買う。

夕方 家族への説明
 D先生から説明を受ける
 セカンドオピニオンのN先生から手紙が来たとの事、
 こういう病院を超えた連携があるのは嬉しいことだ。

昼食
●↑ 昼食

夕飯
●↑ 夕飯

久しぶりに兄弟全員が揃う。
個室なので気兼ねなく集まれるのが嬉しい。

より以前の記事一覧

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

CookClock (クッククロック)

  • CookClock (クッククロック) ♪

♪リンク

無料ブログはココログ