サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ログ

3.入院に備えて

本日、入院

昨日、アパートの大家さんに電話したら、
「どうしたの?あらまぁ、そう..
私はね、甲状腺のがんだったのよ。
でも、手術で取っちゃえば大丈夫だから」
と励まされた。

冷蔵庫も空っぽにしたし、忘れ物は無いかな?
合鍵を姉に預けて、時々様子を見てもらうよう頼んだ。

8時半までに病院に入ります。
その後、血液・肺機能検査、心電図、レントゲン。
あさっての午後に手術予定。

では、良いお年を..しばしのお別れです。
ほんじゃ、行ってきま~す。(^^)/~~

PS.
Dr.コトーの最終回が気がかり..

入院前日&荷造り

いよいよ明日は入院。
6時起床、9時消灯なんて耐えられるんだろうか。

入院準備のために新しく買ったのは
前開きの肌着(七分袖2、半袖1)と
ゆったりした長めのカーディガン。

入院経験のある友だちからは
ふりかけ、しょう油を忘れないようにと言われる。

メモを見ながら、荷物をまとめましょうかね。
病院で買うのは、テレビカードぐらいかな..

それから、ミュージックプレーヤーに音楽を入れる。
 落語も入れようか悩んだけど、
 肩が震えて、泣いてるって誤解されそうなので
 音楽だけにしときました。(^^;

最後の悪あがき!? セカンドオピニオンは大事

一度はあきらめたセカンドオピニオンだったけど、
T子からの電話に圧倒された。

 「どうしても会わせたい先生がいるのよ。
  絶対連れて行くからね。
  そうしないと、私が後悔するから。
  ねっ、最後までジタバタしようよ。」

そういう訳で、今日T子に連れて行ってもらった。
そこは積極的にセカンドオピニオンを受け入れている。

地元の病院からは紹介状を書いてもらい、資料を借りた。
急なお願いだったけど、嫌な顔1つせず対応してもらった。
地元の病院への支払い 750円

N先生は、地元病院のD先生の診断、手術法、
術後の抗がん剤治療について丁寧に説明してくれた。
それも45分も!

そして、
「D先生の診断に間違いないですね。
先日もD先生を会合でお見かけしましたよ。
今日、こうしてお互い顔も会わせたんだから、
術後の治療方法とか何でも電話で相談して下さい。」と言ってくれた。
もし診断が大きく違っていたらどうしよう..
と思っていたのでホッとした。

信頼できる先生との出会いは大事。
これで、何の不安も無くD先生に手術をまかせられる。

さらに、
 乳頭腺管がん、浸潤型
 病期(ステージ)はⅡA と分かった。

支払い 810円
 あんなに時間かけてもらったのに?810円て..
 会計の時、驚いちゃった。

「サラ川」傑作選 すごろく

昨日の夜、一緒に食事したK子が
「これ読んで笑って」と貸してくれた本が、
「サラ川」傑作選 すごろく

これがね、ホント笑えます。(^^)

第一位のサラ川が
  昼食は妻がセレブで俺セルフ   一夢庵

こんな時だからこそ、笑わないと。

友だちからの電話

夜9時頃、携帯電話が鳴った。
あっ、K子だ。
彼女とは、小学校からの同級生。

乳がんのことは悩んだ結果、知らせていなかった。
彼女の実家のご両親が相次いで入院、手術と
てんやわんやの状態だったから。

電話の内容は、パソコンの設定のことだった。
何とか無事にインターネットもメールも出来るようになり、
思い切って話すことに。

「実はさ、乳がんで入院するんだ」
「えっ・・・・・・・・」
絶句した彼女は、「なんでぇ?」と
切なそうな声で言うと、泣き出してしまった。

「ごめんね、驚いたでしょ」
「うん、でも、なんでぇ..」
検査の経緯と、20日に入院、22日に手術することを話すと、
「こんな時、一人だとつらいよね。
何時だっていいから電話ちょうだい、
溜め込まないで、何でも話して。
変なことは絶対考えないでね!」と言ってくれる。

確かに変なことを考えた事もあったけど、
今はもう大丈夫。

彼女の周りで、乳がんになった友だちは私で3人目。
1人目は10年前に右を全摘したT子、
2人目は、10月に右を全摘したE子、
現在は放射線治療の真っ最中で、副作用で参ってるらしい。
「T子にメールしてみたら?」とメアドを教えてもらう。

最後にK子は、こう言った。
「パソコンがずっこけたお陰だよね。
そうじゃなかったら、電話することも無かったもんね。
不思議だよねぇ。」

彼女と話せて良かった。
少し気持ちが楽になった気がしたからね。

入院に備えて ~美容室でカット

髪を短めにカットしてきた。
う~首筋が寒い...

この間の入院日が決まった時、
会計にカルテを返す前に
パラパラっと見ちゃいました。

告知をされた日のカルテには
「breast can. 本人に告げる」とありました。
おおっ、カルテって英語なのかぁ..

入院に備えて ~保険のこと

保険屋さんに電話して、入院、手術の事を伝える。
いろいろ調べてもらって、入院給付は初日から、
手術代も出るから大丈夫との事。
切開生検の時の日帰り手術費用も出るって。
ホッ。不安が1つ解消ってとこか。

「今は乳がんでも、みんな元気に仕事に復帰してるから、
あんまり落ち込まないでねっ、頑張って!」
と励まされる。
「はい、ありがとうございます」と言いながらも
何を頑張る?なんて思ってみたり..

いやいや、有難く素直にお言葉を頂戴しましょう。



入院に備えて ~あいさつ回り

忙しい時期に仕事を休ませてもらうので
手土産持参であいさつ回りをした。

「ひと月ほどお休みを頂きたいんです」と言うと
必ず「どうされたんですか?」と聞かれるので
「初期の乳がんが見つかって..」と言う事にした。

あるお店の若社長が驚いて、
「えっ、うちの叔母も年明けに乳がんの手術したんですよ。
でも、もう元気になりましたよ。
だから、○○さんも元気になって戻って来て下さいね。
待ってますから。」

ホントにありがとうございます。m(_ _)m

入院に備えて ~弟に話す

弟には会って直接話したかったんだけど、
なかなか会えないので、電話した。
検査の経緯と入院、手術のことを話す。
「えっ・・・」一瞬、弟が固まった様子が分かる。

そりゃそうだよね、久しぶりの電話で
いきなり、乳がんだなんて言われちゃね。

入院誓約書の連帯保証人を頼む。
入院当日も行くよと言ってくれた。

最後に、複雑そうに「じゃ、ん~..お大事に」って。
心配かけてごめん。

入院に備えて ~前開き肌着

先日、看護士さんから、前開きの肌着を2~3枚用意してね
と言われたので、売店で値段チェックしたら、
半袖が約2,200円、七分袖が2,250円。
この50円の差は何なんだぁ?

その時は買わずに帰って来たんだけど、
友だちから「前開きの肌着は○○で売ってるよ」と連絡が入る。
こういう情報はホント有難い。

午後から、○○へ行く。
グンゼ「愛情らくらく肌着」の七分袖
白とベージュの2枚お買い上げ。
マジックテープがまん丸でカワイイ。

パジャマは病院指定のを着用だから、
パジャマを買わなくて済むのは助かる。
ただし1日70円なり..

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

CookClock (クッククロック)

  • CookClock (クッククロック) ♪

♪リンク

無料ブログはココログ