サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ログ

書籍・雑誌

久しぶりに図書館へ

二度あることは三度あるとは
ホントによく言ったもので
1月は新年会を挟んでお葬式がまさかの三つ。w(゚o゚)w


先日のお葬式の手伝いの後、
義兄の義兄が亡くなったとの知らせ。


こういう事ってお互い様だし、
姉の顔を立てて妹と一緒に焼香してきました。


  妹は義理過ぎて訳分かんないって
  ぶつくさ言ってたけど



そんなこんなで
歌を聴きに出掛けるつもりが
どこへも行けずにちょっとしょんぼり。



で、気分を変えたくて久しぶりに図書館へ。


Books

朝の番組で大人向けに紹介してた漫画も
ダメ元で調べたら貸し出しOK。


  田舎の図書館も便利になったわ


特に上段真ん中の漫画。
すっごい良くて、いやー泣いちゃった。
2番目と3番目の話がヤバかった。


上段左は続編を借りて来なくちゃ。
今は右2冊を同時進行中。
面白いわぁ。



最近読んだ本

この頃はなぜか歴史小説が面白くなっちゃって..


最近読んだ本


右の3冊は本屋で見つけて一気読みしたけど
作者の情報がなくて、かえって興味津々。
左のは主人公に前から興味があったから。


でもこの2つは大きな違いがあって
右の3冊は文字も大きくて、難しい漢字には
ちゃんと振り仮名も振ってあって読みやすい。


しか~し、左の2冊は字は小さいし
やたらと漢字や古い言い回しは多いし
漢字なんて難しくて難しくて
その度に調べるからすらすら読めない。


これはストレスでしたよ。
でもまぁ、なんとか頑張って読んだけど。



次は「竜馬がゆく」全8巻をまた読もうかな。
来年の大河は吉田松陰の妹の話だしね。
でも本なんか読む暇があるなら早く寝ろって感じもするけど..(^_^;



今日のこと

朝はグッと冷え込んだけど、午前10時過ぎ頃には
風もなくカーテン越しの日差しはあったかい。


こんな日は決まってじーさんは縁側に腰掛けて
”風呂の迎え”を待ってる。


そこに
「今日は風呂の日じゃないよ」なんて声は掛けない。
「あぁ、そうか」って答えが返るわけもないから。



だから、無視?ほったらかし?
いやいや、家の中から”見守る”のである。


   この話をこの間Kちゃんにしたら爆笑してた
   そうそう、見守る、見守るだよねぇって..


私はヘルパーさんから頂いた干し芋をパクつきながら
階下にダンボのように耳を澄まして”見守る”のだ。


「求めない」と「受いれる」に出会ったお陰で
ほんの少しだけど楽になった気がする。
救われたっていう感じかな。
あはは..極端か。(^_^;)\('_')


認知症という病気がそうさせるのだっていう方向に
やっとこっちの気持ちが少しだけ
切り替わるようになった気がするから。



でもすぐにイラッとさせられることを
必ず何かしらしでかしてくれるから、
振り子のように気持ちは揺れ動くんだけどね。


ただね、来ない人をあてにしたりするのは
やめようとスパッと思えたから不思議。
期待し過ぎればガッカリするだけだって
やっと分かったから。



「求めない」「受いれる」そして「笑う」
そう呪文のように繰り返していれば
そう悪いほうには行かないのかもしれない。かも..
でも何だろ、この少し開いてる感じ。



ボケたじーさんと暮らしてて思うのは
ちゃんと”自分”に意識や自覚のある時間って
もしかしたらそう長くはないのかもって気もする。


    そう思うのは50代後半だからか..



だから”今”なんだとつくづく思う。
”元気で動ける生きてる今”が愛おしく思える。



そしてあとは、元気でポックリ。
それっきゃないでしょ。(^.^)
じーさんも私もね。


おっ、じーさんやっと落ち着いてコタツに収まった模様。
さて、お昼食べたら内職に集中しますかね。


生きるとは..なんてね

暮れのお笑い番組の裏に
何だか面白そうな番組を見つけて録画しておいた。



90歳になる詩人・加島祥造さんの
「 ひとりだ でも淋(さび)しくはない
    Alone, but not only 」のアンコール放送。


    この方、翻訳家でもあって
    昔よく読んだ大好きアガサ・クリスティーも
    この人の訳だったんだね


なんかグッドタイミングだったし
ラッキーって思った。


もちろん、内容はそんな軽い感じじゃないけど


    最近は昼も夜も意味不明なことを
    大声でず~~っとしゃべり続けるじーさん(-_-)


そんな人と一緒にいると
自分の気持ちとどう折り合いをつけて
この先も介護を続けて行ったらいいのか..


なんていうか、迷える子羊状態?
って言ったらぴったりかな。
現実はそんな可愛くはないけどね。(^_^;



そこですぐに本2冊をネット注文。
「求めない」と「受入れる」。
番組の始めのこの2つの言葉が
今の自分にビビッと来たから。


それにこの人のこと、何年か前に
Kちゃんから聞いたことがある。
あの時はビビッと来なかったんだなぁ。



本は送料のかからないコンビニ受け取りで。
じーさんがデイに出かけてやることやってから
コーヒーひと口飲んでから、「求めない」を開く。


    静けさの中、幸せなひととき ~~■D\(^.^)


加島祥造さんの本「求めない」と「受入れる」



勝手に今の自分の気持ちと重ね合わせちゃうと
涙が出そうになる。



この番組は消さずに残しておこう。
そしてきつい時、番組見て本を眺めよう。


ひとりでも寂しくない人生を送るために..


あはっ、珍しくマジメな記事になっちゃったけど
じーさんがいなくなっても私は生きてくから。



この番組を見てる途中で、ピンポ~ン♪
誰だろうと思ったらある宗教の勧誘。


丁寧にお断りしたけど
この人たちは、この宗教に救いを求めて
満たされているなら素晴らしいんじゃないかって
少しだけ羨ましいような気もした。



本のこと

相変わらず百田尚樹にハマってまして
「海賊とよばれた男」に始まって
「モンスター」(高岡早紀主演で映画化)
「永遠の0(ゼロ)」のことは前に書いたけど


最近は「輝く夜」「風の中のマリア」ときて
ちょうど「影法師」(時代劇)を読み終わったところ。


百田尚樹の文庫本



時代劇だから漢字が多くて読みにくいかと思いきや
すっごく読みやすかった。
この人の文章はホントに読みやすいから好き。


内容は、まさにこれが男の生き方!って部分と
男の真の友情の部分と、登場人物たちがイイ。


そしてタイトルの「影法師」の意味が分かった時に
切なすぎて涙がこぼれてしまった。
感動したぁ。おススメですっ。


映画よりも、ドラマ化して欲しいな。
主人公と友役は誰がいいかなぁ..
少し時間が経ったら、また読もう。



この本、なんと袋とじがあるの。(^艸^)


文庫本に袋とじ


袋とじを開けたら、主人公の妻と友との間に
もうひとつの「影法師」があった。



また別な作家の時代劇を読み始めたけど
今度のはマジで漢字も多すぎるし
意味が分かんない言葉も多すぎて
調べながらだから、全然進まな~い。(^^;
でも頑張って読むぞ~。



何かおススメの本があったら教えてくださ~い。



読みました「永遠の0(ゼロ)」

「永遠の0(ゼロ)」

百田尚樹の「海賊とよばれた男」~「モンスター」、
そしてこの「永遠の0(ゼロ)」。
読んで良かったぁ。

いやー泣けた。何回も泣いちゃった。(ToT)
そして戦争のこと、零戦のこと、特攻隊のこと..
知らないことばっかりなんだなって思った。

そして戦争は絶対に二度としてはいけないってことを
改めて強く思った。


うちのじーさんは戦争に行ってないから
身近で戦争の話を聞いたのは、姉の義父から少しだけ。

どこだったか定かじゃないけど、
姉の義父は南の方のジャングルで戦って
わずかな生き残りの1人だったのだと。


「永遠の0(ゼロ)」は映画化されて
今年の暮れに公開なんだって。
これは必ず観に行くよ、ティッシュ持って。

そういえば「風立ちぬ」は
零戦の設計者がモデルなんだよね。
その名前がこの本の中に一度だけ出てくる。

そしてこの本では、
零戦がいかに優れた戦闘機かって話の中で
主人公はこう言う。
「自分はこの飛行機を作った人を恨みたい」と。

そしてこうも言う。
「(8時間も!1000キロも!飛び続けられる!)
この飛行機を作った人は、この飛行機に
人間が乗ることを想定していたんだろうか」と。


何度も言うけど、この本を読んで良かった。
「風立ちぬ」を観る前にね。
でも「風立ちぬ」が観たいような観たくないような..
まだ「永遠の0(ゼロ)」が強烈に残ってるからなぁ。


読書

百田尚樹の「海賊とよばれた男」

今年の本屋大賞を受賞した
百田尚樹の「海賊とよばれた男」。
入院中に買ってから、ゆ~っくり読んでました。

そして昨日、やっと読み終わった。
時間かかっちゃったけど、感動したぁ。
すっごく面白かった。


一難去ってまた一難..
ハラハラドキドキしたり、
ひとりで泣いたり笑ったり..
本読んで感動するなんて、いつ以来だろ。

出光興産の創業者をモデルにした小説なんだけど
戦争、石油、日本とイランの関係とか
知らなかったことも少し分かってスッキリ。

この本読んだら誰でも
出光のスタンドに行きたくなっちゃうかも。


そしてギリギリ間に合ったぁ、
昨夜の「情熱大陸」の百田尚樹の放送。

他の作品は文庫にもなってるみたいだから
午後から本屋に行って探してみよう。
本を読むって楽しい。
私には大事な現実逃避でストレス発散にもなってる。(^^)



本と音楽♪

一昨日はレッドカーペットを録画してから
スーパーへビュ~~ンと夜の買い出し。



それから本屋に入ってビリーバット8巻目と
本屋大賞を取った「舟を編む」も買った。
ビリーバット8と舟を編む


イニシエーション・・は一気に読んじゃったからね。
ネタはバラしたくないので、あえて書かないけど
とにかくしっかり読むこと。
それしかないかなぁ。
こんなシーンはどうでもってことも多いけどね。
そして最後の2行目で驚いてくださいまし。(^m^*)
必ずまた初めから読み直したくなるはずだよ。


本屋の後はセルフのGSにも寄って
ガソリンを2000円分だけ入れた。
帰りは音楽聴きながら少し遠回り。
ちなみにガソリンはレギュラーで157円。


そうそう、こんなのも買っちゃった。(^^;
保湿マスク
部屋の灯りを消して♪ゴンチチ聴きながら
しばしまったり~。ほえ~~。(^-^)
もちろんイヤホンでね。

今夜もゴンチチ聴いてる。
いいわぁ、久々のゴンチチ。
沁みるなぁ、ギターの音色。



イヤホンといえば..


「耳が丈夫でホントに良かったぁ」と、
この間Kちゃんに言ったら大笑いされた。
ったくねぇって。
なんせ私、じーさんと暮らすようになってから
ずっとイヤホン生活なもんで..
ホントお恥ずかしい。(^_^;



本のこと (^^)



最近はこんな本を同時進行中。

本

コミックも時々ね。(^m^*)



大好きな「アルジャーノンに花束を」は
数年おきに読みたくなる本。



トーゼン結末は知ってるんだけど
ページをめくるたびに毎回切なくなっては
うわぁ~チャーリイ~って声が出てしまう。
これを訳した人に拍手。



ちなみに本はネットで注文して
コンビニ受け取り。これに限るね。
送料もないし深夜でもOKだし。



なんせ田舎の小さな本屋って閉店時間は早いし
私の読みたい本に限ってなくてガッカリするのよね。





リサとガスパール&ぺネロぺに癒される~(^=^)

美術館でリサとガスパール&ぺネロぺ展を見た。
この3匹?いや、3人が割りと好き。



リサとガスパール&ぺネロぺ展
リサとガスパール&ぺネロぺが一緒のこの絵
「みんないっしょ」は奇跡の3ショット。
唯一の作品なんだって。


約200点の原画や資料なんかを見てるうち
途中で笑顔になってました、私。(^^)
筆使いが分かる原画=ホンモノってやっぱりイイね。


動いて声の出るアニメを初めて見たけど
3人がホントにカワイイ~。
とてもオッサンが描いてるとは思えない。(^^;


作者二人から被災した人たちのために
あったかいメッセージがあったのも嬉しかった。



リサとガスパール&ぺネロぺ
左:入り口で大きなぬいぐるみがお出迎え。
右:うちわとマグネットを購入。



リサとガスパール&ぺネロぺちゃんを見た後は
久々にファミレスでちょっと休憩。


クリームあんみつ
クリームあんみつを頼んじまった。
美味しかったぁ。ふ~幸せ~。



リサとガスパール&ぺネロぺちゃんも
この作戦に参加してるよ。
てをつなごう だいさくせんの壁紙
PCとケータイに使ってる。
見てるだけ楽しいし、繋がるってステキ。(^^)



※てをつなごう だいさくせん
オトナの都合もあったでしょうに..素ん晴らしい。



2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

CookClock (クッククロック)


♪リンク

無料ブログはココログ