サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ログ

映画・テレビ

映画3本

「SING」&「ゴースト・イン・ザ・シェル」に
「LION/ライオン~25年目のただいま~」。


少し前に観た2本。
まずは「SING」吹き替え版で。


Sing



 
いやー面白かった。
色んな歌が使われていて
こりゃ歌好きにはたまらない。


それに、みんなホントに歌が上手かった。
歌手じゃない人もね、歌がうまくて感動もん。


一難去ってまた一難..
予想通りのストーリーなんだけど、
キャラクターがしっかりしてるからか
感情移入してしまって泣けた。(T-T)


特に主婦ブタさんがスーパーで買い物しながら
ワンマンショー?するとこなんか
立ち上がって拍手したかったもん。^^



2本目は「ゴースト・イン・ザ・シェル」


Go

原作を知らないのが良かったのか
どこまでが実写でどこまでがCGなのか
映像がすごくて面白かった。


でもひとつ気になったのは
たけしのセリフはあれでいいのか..?(^_^;)


主役の彼女もカッコ良かったし。
女性がカッコイイってのはいいね。




そして、つい先日観た3本目は
「LION/ライオン~25年目のただいま~」


Lion

なんでライオン?って思ってたけど
最後に謎が解けてスッキリ。
そしてまた涙..そんな映画だった。


子役の男の子がとっても可愛くて
そしてこの話が実話だったっていうのが
またまた泣けるのよね。
というわけで、とにかく泣いた。(;_;)


観る方は初めからハンカチ、ティッシュをお忘れなく。
みんな途中でゴソゴソしてたからね。^^



話変わるけど、こっちは低温注意報が出てて
毎日とにかく寒い。
5月に真夏並みの暑さがあったけど
最近じゃ朝の気温は一桁。><


一度片付けたファンヒーターを出してきて
朝2時間くらいつけてる。
梅雨入りしたらまた肌寒いのかな。


というわけで、どちら様も気温差に負けずに
風邪などひかないよう元気に行きましょ。



映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK」

まだ映画館で観られるというので
行ってきましたよ。


Beatles

タイトルが長い。
「ザ・ビートルズ
 EIGHT DAYS A WEEK
 The Touring Years」


   お客さんの平均年齢は高め(^_^;)
   私より少し年上の方ばかり
   リアル世代が多かったのかな



実はこれ二度目の鑑賞。
去年、新潟にライブに行った時にやってて
帰りの時間を変更して観て来ちゃった。


前回はずっとワクワクしっぱなしで
そりゃもう楽しくて楽しくて
口パクでずっと歌ってた。^^


  だってホントに大好きなんだもの


でも今回は
今まで人種で観客席を分けてたのを
そんならライブしないよって撤廃させたり
ハリウッド女優たちのエピソードに
なんだか涙が出ちゃった。(;_;)


複雑な問題に正々堂々と立ち向かって
さらに記者たちのイヤな質問にも
さらりとジョークで切り返して..
若いのにスゴいなぁって改めて感激。


それに歌も演奏もルックスも完璧だよね。
いつ聴いても新鮮だし。


そうそう、隣の女性が段々前のめりになって
そのうち椅子から落ちるんじゃないかって
ちょっとハラハラしちゃった。(^_^;)
まぁ、それだけ楽しかったことなのね。



という訳で今日はこんなの聴いてます。


Letitbe

静かな雨の中、なんかイイ感じ。(^^)


そういえばこのレコード買ったときにもらった
大きなポスターはどこに行っちゃったんだろ??



映画「この世界の片隅に」

先週観てきました。


Konosekaino

周りがみんな良いって言うんでやっとね。
それとレディースデーだから。(^m^)


いやー良かった。
もっと早く観れば良かった。
観終わったあとに
やっぱりごくごく普通の平凡な暮らしが
いかに尊くてありがたいことなのか
それを考えさせれるっていうか。


席を立った人達がみんな鼻を赤くしてたのが
この映画の良さを物語ってるっていうか。


そして改めてこう思った。戦争反対と。



昭和8年から始まる物語。


    つい、うちのじーさんは昭和4年生まれで
    母は昭和6年生まれだから..
    なんてことも頭をよぎりつつ


普通の人たちには普通の暮らしが続いていく
そんな平凡な日々に、
いつの間にか戦争が割り込んで来る。
すさまじい空襲、そして原爆投下。



何度もくすくす笑いが起こるし
それと同じくらいすすり泣きも。
笑ってるのに涙が流れるみたいな。


ほんわかした主人公の声とアニメの雰囲気が
なんか余計に悲しさや切なさ、
やるせなさや生々しさが増すっていうか
想像を掻き立てられる。


物のない時代、食料不足に対する知恵と工夫には
ホントに涙ぐましいものがあるし
比べても仕方ないかもだけど
今はホントに幸せだよなってつくづく思う。


歌も良かったな。
オープニングの懐かしい歌、小声で口ずさんじゃった。


同じ原作者の実写映画「夕凪の街 桜の国」も
また観てみたくなったし


数年前に行った広島の平和公園へ
また行きたくなったのでした。


鼻をかみながら (^_^;)
エンドロールのイラストで少し救われ
映画作りの新しい支援の仕方も知ることも出来て
戦争映画と一言では言えないような
何だろ、うまく言えないけど
とにかく観て良かった。


観てない方、ぜひどうぞ。
オススメです。
家族で観て話し合うといいかもね。


もちろんハンカチやティッシュは忘れずに。



映画館でアクション映画

喪中ハガキの印刷をササッと終えて
昨日はレディースデイで映画館へ。


Jason_bourne

シリーズもいつの間にか第5作。
いやー面白かった。
長年の謎が解けてスッキリ。



それにしても展開が早い。
ボーっとしてられない。←ボケ防止にちょうどいい?
もうね、狐と狸の化かし合いって感じで
味方?と思わせておいて実は..みたいな。


主役の彼も
世界中でロケ出来て楽しかったって言ってたけど、
あちこちでのカーチェイスは見ごたえ充分。
2時間があっという間。


それに効果音が良かったなぁ。
特にカーチェイスの時の
後ろ上空からのヘリの音や、
走り抜ける車の音とか臨場感がすごくて
思わず、おおっって声が出そうになったくらい。
アクション映画は大きなスクリーンに限るね。



車でだいたい40~50分の
我が家から一番近いこの映画館。
ポイントカード見たら、ちょうど1年ぶり。


せっかく貯まってたポイントが期限切れでパ~。
でもこれから頑張ってポイント貯めるぞ。(^^)/
来年からはシニア割引だもんね。^^



しかし、こんな能天気なシニアでいいのか..
あはは。(^_^;)


でもね、同年代のおひとり様女性が数名いらっしゃって
なんとなく心強かったな。
まっ、映画観るときには年なんて関係ないけどね。


レンタルだけど映画

そういえばずっと映画観てないなぁって
最近になって気づいた。


映画館が遠いのと観たいのがなかったのとで
久しぶりにレンタルショップを覗いて
3本借りてきた。



1.オデッセイ


Ode

えーっ、マジ?こんなことある?
なんて最初は突っ込んでたけど
いつの間にか引き込まれちゃって最後まで一気に。
面白かった。彼の最新作も観たいかも。



2.ヴィンセントが教えてくれたこと


Vin

このオッサン俳優さん、昔から大好き。
これはダメダメなとこもほろりとするとこもあって
なんかじんわり良いんだよね。


それにエンドロールのカセットのウォークマンも
歌ってる歌も懐かしくて
涙ちょちょ切れ。←古っ。(^_^;)


   そして、この歌手が話題の受賞とは
   初めて聴いたのは高校生の頃だったかな


   ライブ仲間の一人が彼のライブに行ったら
   ギターを一度も弾かなかったって
   すっごいガッカリして連絡くれたっけ


   それにアレンジが凄すぎて
   よく分かんなかったって  マジか!



3.あん


An

いやー泣いた泣いた。
何も知らずに手に取ったんだけど
こんなに泣かされるとは..


イヤでも生きるってことを考えさせられるし
こうして今も元気でいられることに
改めて素直に感謝しちゃうね。



グリーンの寄せ植え & これからのこと

すっかりご無沙汰です。m(_ _)m


昨日の恵みの雨の後、今日は朝からカラッと晴れて
茶の間のコタツ片づけて、家中掃除機かけて
押し入れ片づけたりで気持ちの良い汗。


↓これはこの間作った寄せ植え。
↓鉢はプラだけど古ぼけたイイ感じ。


Green1

黒っぽいのは黒葉トウガラシ。


Green2

まぁまぁ良い感じには出来たけど
全体的に見るとちょっと小さいかな。
ってことで、近いうちに
もう一回り大きな鉢で再挑戦しなきゃ。




話変わって..
二日連続でキ○ーストレスの番組を見た。(○=ラ)


この先、それに負けないで元気に過ごすために
番組で紹介してた3つの対策を
堅苦しく考えずに”適当”に続けようと思った。


乳がんとのこともやってたしね。



1.週3回30分のウォーキング
    これは主治医からもずっと言われてるし
    これからも続けますよ
    雨でもウォーキングマシンあるからね


2.コーピング
    気晴らしリストを書き出す
    質より量で100個くらい
    それをストレスを感じたら実行する


3.マインドフルネス
    10分間、呼吸と体の動きだけに集中


    30代の頃にやってたエアロビで
    最後に必ず瞑想してたのを思い出した
    あの時のインストラクターさん素晴らしい



この「コーピング」と「マインドフルネス」って言葉を
知っただけでも見て良かったと思う。


何気ない毎日が、ごく普通に元気でいることが
ホントに嬉しくて有り難いことなんだものね。^^



ナスも食べ頃。


Nasu

映画 DVDだけど...

久々にレンタル屋へ。


Dvd_2

借りたのは「君が生きた証」と
「6才のボクが、大人になるまで。」



まずは「君が生きた証」
ライブ仲間から良かったよと教えてもらったけど
こっちでは上映なしでガッカリ。orz


で、そろそろDVDが出てる頃かなと思ってたら
出てました。それもたった1枚。


今日も銃乱射事件のニュースがあったけど
被害者にも、そしてもちろん加害者にも
家族がいるんだよなぁ。
この映画を観たからか、そんなことを思った。


加害者の親(父親)として生きるって、どんなだろ。
想像もつかないけど、それでも生きてくんだよね。
息子の書いた曲を歌いながら。


色々考えさせらるけど
とっても良い曲が多くて、
歌ってる時のおっさんがホントにカッコ良かった。



そして「6才のボクが、大人になるまで。」


6歳の男の子が18歳になるまでの12年間。
上映時間は165分と長いけど面白かった。


途中でコーヒー淹れたりおせんべい食べたり
のんびり見たんだけどね。
それがレンタルの良いところ。


まぁ、男運の悪いお母さんと
その子どもたちの12年間の成長の物語。


いつの間にか親戚のおばさんになった気分で
どうか最後までみんなが無事でいてくれって
そう願いながら観てしまった。


それにちょいちょい出来事や流行り物を挟んでるので
そういえば、あの頃こうだったなって
自分のことを振り返ってみたりして面白かった。


男運の悪いお母さんだけど
彼女の一言でああなった青年にはホントに感動。
それは観てのお楽しみ。(^_-)-☆



そうそう、レンタル屋もいつの間にか
セルフレジになってて
隔世の感っていうか浦島太郎の気分。


混んでなかったので店員さんに
「覚えたいので教えて下さい」ってお願いして
ゆっくり丁寧に教えてもらった。
セルフだとポイントも2倍だったしね。


次回はひとりで挑戦しようって思うけど
後ろに並ばれたら焦って鍵の外し忘れとかしちゃいそう。


スーパーのセルフレジもやっと慣れて来たけど
世の中はどんどん進んでくなぁ。



映画「ミケランジェロ・プロジェクト」

The_monuments_men

Kちゃんから面白かったと勧められ
テレビでも随分取り上げられてたので
先週レディースデイで観てきました。


誰でも目にしたことのある絵や彫刻なんかが
まさかナチスドイツに奪われていたなんて
そしてそれを取り戻したなんて知らなかった。


とにかく豪華な顔ぶれで面白かったし


   緊迫する場面なのに冗談言ったり
   突っ込みどころもないわけじゃないけど


最後にホロッとさせられました。 



その最後のシーンに出てた白髪の方、なんと
ジョージ・クルーニーのお父さんなんだって。
後から知って、へ~って感じ。


でもこの映画、ホントによく映画化出来たなぁ。
メイキングとか見てみたい。



今も遠い国でテロ組織が色々と破壊してるけど
見るたびに何とも空しくやりきれない気持ち。
なくなったら、それでおしまい。
なんで、そんなことが分からないかな..


   もちろん、何の罪もない人たちに
   銃口を向けるなんて言語道断!


その日の夕方、地元テレビでグッドニュース。
何と来年の春、県立美術館に
フェルメールとレンブラントの作品が来るって。
嬉しいな。楽しみ楽しみ。^^



映画「博士と彼女のセオリー」&「セッション」

久々の映画ネタです。
どっちもかなり前にレディースデーで観ました。



まずは「博士と彼女のセオリー」


The_theory_of_everything

感想はひと言、よく演じたなぁってこと。
ALSを発症してからの動き、
特に手の指先から唇までがすごかった。


実在する人を演じるって難しいでしょうに。
それも難病だものね。


いつどんな病気になるかなんて誰にも分からないけど
難病と診断されさらに余命2年と宣告されたら..
自分だったら受けとめられるんだろうか。




そして「セッション」


Whiplash


いやー、面白かった。
他のお客さんも同じとみえてエンドロールが終わるまで
誰も席を立たなかったもんね。
そんなの初めてかも。


原題はムチ打ちって意味らしいけど
これはね、もうスポ根物語。
教える方も教わる方も相当イカれてる。


ジャズやジャズドラムが好きじゃなくても
あの駆け引きは引き込まれる。
もちろんnoteキャラバンって曲のかっこいいことったら。
昔、ジャズもちょっと聴いてたんで楽しかった。


そして、あの最後の場面。←ネタバレしないよ。(^m^)
なるほど、そう来たかって感じで
ホントに素晴らしかった。
音を立てずに拍手しちゃった。(^^)//


そうそう、現実にあんな親子がいるのかって思うけど
父と息子のステキな物語でもあるのね。



♪ライブ

あのチャリティー番組のイベントを初めて生で見た。
駐車場はかなり混雑するらしいので
ローカル線に揺られてのんびり行って来た。


ライブの開始ギリギリに会場着。
キャンドル○ュンさんによる
キャンドル点灯式には残念ながら間に合わず。


   この方、月命日には被災地に来てるらしい
   なかなか出来ることじゃないよね
   トレードマークの耳のアレはなかったけど
   長い髪を束ね、すらっとしてらした


その灯りの中でのアコースティックライブnote
ギターの音が気持ち良かった。


Live

バンドとソロ2人で、楽しい時間はあっという間。
混雑するので早めに会場を出た。
そして駅まで乗ったタクシーから花火。ラッキー。


夏の思い出が出来ました。



より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

CookClock (クッククロック)

  • CookClock (クッククロック) ♪

♪リンク

無料ブログはココログ