サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ログ

じーさんと..

介護と看病

先日、ライブ仲間のひとりから電話。
彼女は長いこと母ひとり子ひとり。


母親はほぼ寝たきりの要介護5。
それでも仕事を辞めずに色々な助けを借りての
在宅介護を続けている。


何度目かの救急搬送にさすがに疲れたのか
ケセラセラさんに聞いて欲しくてと
電話で話を聞くこと1時間半。


   働きながらの介護生活って
   マジで厳しいだろうけど
   私には到底分からない
   親子の強い絆をずっと感じてたし


   何よりも彼女のそうしたいという気持ちに
   私なんかが口を挟めるはずもなく


母親の容態の悪さにうろたえてしまって
悲しくて涙がとまらない時があると言う。


うんうんと聞きながらも
病院の先生や看護師さんたちに甘えて頼ってって
少しだけアドバイス。


  私なんか、次々に治療の選択を迫られた時に
  2人の先生に、
  先生達のお父さんならどうしてあげたいですかって
  何度も聞いちゃったよって話もして



今までよく頑張ったと思うから
自分のことを責めないように
それでも矛盾してるけど悔いのないように


最後に、私で良ければまたいつでも聞くからね
病院は乾燥するからとにかく風邪ひかないで
水分とってなるべく食べて寝て、
無理しすぎないでねって電話を切った。



見送る覚悟は出来ていると言ってたけど
意識のないお母さんのそばの簡易ベッドで
声を殺して泣いてるかと思うと何だか切ない。


  私の母が末期の胃がんで手術も出来ず
  夜も何度か付き添いしたことあるから
  その気持ちも分かる



彼女が、
子どもの勤めとは言え親を見送るってことは
残酷ですよねって。
そう、確かに酷よね。


昔からずっと順番に続いてきたこととはいえ
確かに色々と大変で生々しくてキツいこと。



いつかまた彼女と会えたら
心からお疲れさまと言おう。
親の介護も、親を見送ることの大変さも
良く分かるから。


もちろん、彼女のお母さんの意識が戻って
自宅に戻れることを願いつつ。



などどエラそうに書いてるけど、
じーさんの介護や看病があれで良かったのか
ホントは自分でもよく分からない。
正解なんてないのかもしれないけどね。


姉の旦那さんが突然亡くなったことで
なんだろ、自分の中で気持ちの整理がつかないまま
じーさんとの別れで泣くこともなく
あれやこれやで年末になっちゃったって感じかな。


いつか、泣かなきゃってのも変だけど
なんか、ふとそう思った。
彼女からの電話に感謝かな???(^_^;)



じーさんの一周忌法要

日曜にお寺で身内だけで済ませました。


本堂に集まって読経、その後にお墓参り。


ここでショックなことが!
この間の地震で一番上の墓石がずれてる!!
私の力じゃビクともしない。
まさか..また石屋さんに頼む?いくらかかる?


なんて思ってたら、妹の旦那さんや
姪っ子の旦那さん達が力を合わせて
せ~のでやったら元に戻った。
良かったぁ、ホントにホッとした。
震度5なんてもう二度とイヤよ。


   ちなみに墓石が倒れたら個人で修理
   東日本大震災では余震もあって2回修理  



そんなこんなで、一周忌法要は無事に終わった。
あとは三回忌まで少し気が抜けるかな。(^^;


あっ、その前に1月半ばの義兄の一周忌。
私に出来ることは手伝いましょ。



そうそう大事なこと。
一周忌法要の前日にRグレイさんから
ステキな贈り物が届きました。


ちょうど煮物を作っていたので
海老芋は煮物に使わせてもらって、
一周忌法要の当日に千枚漬けとみかんとクッキーは
みんなで美味しく頂き、次郎柿は姉たちへおすそ分け。
何だか色々ホントに助かっちゃいました。


頂いた靴下も暖かい。^^
何よりもお心遣いがホントに嬉しかった。
ありがとうございました。m(_ _)m



寒くなったね & 葬儀屋さんと打ち合わせ

昨日は立冬。
いよいよ冬だね。


朝の気温も一気に一桁に..と思っていたら
今朝はとうとう零度。
カーテン開けたら霜!さぶっ ><


Shimo



昨日はやっと葬儀屋さんと一周忌の打ち合わせ。
何が悩むって、料理ね、つまりはお昼ご飯。


新盆では姉の紹介で仕出し屋さんを使ったけど
値段の割にはイマイチな感じだったしね。


   ぶっちゃけ、かなり高くついちゃったよ(^_^;)


葬儀屋さんの松花堂弁当に生寿司、巻き寿司、
麺類やオードブル、漬物など。
うちと姉のとことで何度も食べたせいか
どれをどう選ぼうか悩む。分かんない。


それでもどうにか葬儀屋さんの助言をもらいながら
今回は生寿司、うどん、オードブル、漬物に決定。


追加で自分で煮物、サラダ、キノコ和えを作る予定。
まぁ、あくまでも予定だけどね。



あれこれメモしながらも、何か忘れてないか
記録用のノートを見返す日々。


   ついこの間も新盆やったのに
   なんかね、忘れちゃうのよね
   大丈夫か?私..


あとは当日晴れることと
無事に終わることを祈りましょ。



10月も後半 ~ じーさんの月命日

今日は雨で肌寒くて、おまけに薄暗い。
気温も10度を切りそうな感じで
とうとう今朝はファンヒーター点火。



昨日はじーさんの月命日。


ホームセンターで1株98円のビオラを10株買って
ささっと鉢植えにして玄関でお出迎え。


Viola


というわけで今月も姉たちがお線香上げに来てくれた。
じーさんの大好きな甘いもの持ってね。


   2月以降、互いに毎月欠かさず



じーさんの月命日の数日前のこと。


そろそろ喪中ハガキ作らなきゃ。
なんて思いながら、病院と施設から持ってきた
じーさんの荷物を見ていたら、こんなの発見。


   荷物をすぐに処分しようっていうんじゃなくて
   葬式の時に、とりあえずと思って
   一番奥の部屋に突っ込んだままだったから


2年前かな、救急搬送されて入院してた時の
みんなの連絡用のスケッチブック。


Mago

なんて優しい孫たち。
なんて幸せなじーさん。泣けるぅ。(;_;)
な~んてね。


まぁ、孫にはチョー甘いじーさんだったからねぇ。
娘には毒ばっかり吐いてたけど。あはは..


   季節も私のことも孫たちのことも分からず
   点滴や他の管を抜いては手足を拘束されたり
   車椅子に体ごと拘束されては
   一人だけナースセンター前にいたり..
   そんな頃かな


衣類の中に一度も袖も通してないのが何点かあったから
こういうのはリサイクルショップかな。
なんて思って良く見たら、襟元と洗濯のタグに
しっかり名前が書いてあった。
くぅ~500円くらい損した?(^_^;)


暮れにやる一周忌法要の日程は決まってるけど
料理やお返しはまだ何も決めていない。
あれこれ考えるのって何か面倒くさい。
っていうか、考えるだけで疲れる。


おほほ..やっぱ鬼娘ね。



庭の小菊を玄関に。


Kiku

この菊は母の知人が、母が亡くなった後に
花が咲いたらお母さんに供えてねと
数株持ってきてくれたもの。


もちろん、仏壇にも供えましたよ。
ありがとうございます。^^



じーさんの新盆

昨日はじーさんの新盆法要。
葬式と同じく自宅でやりました。


前日は朝の5時頃から
1時間かけて丁寧にお墓掃除。


ひんやりした空気の中、
ウグイスの鳴き声を聞きながら
草をむしったり掃除したり。


もちろんその前には
玄関周りや庭に花も植えたり
窓ふきしたり四角い部屋を四角く掃除したり
いつもよりかなりきれいにした。



そして新盆当日。
ご住職に来ていただいて
10時からこんな感じでやりました。


Bon

盆棚と燈籠は自分で組み立てたのよ。v(^^)



このところ、低温注意報が出るくらい
気温が低くて肌寒い日が続いたけど
昨日は晴れてちょうどいいお天気。


お陰で心配してた雨は降らなくて良かった。
もし降ったら、


  ったくぅ
  雨降らせてんじゃねーよ


なんて文句のひとつでも出ちゃったかも。(^^;



そんなこんなで無事に法要、墓参りも終わり
みんなで仕出し弁当、オードブルその他で食事。


Bon2

お酒を飲む人がいなかったので
午後の2時頃には解散。ほっ。


本当にお疲れ様でした。
みんなにはずっとお世話になりっぱなしで
心から感謝です。本当にありがとうございます。



来週は義兄の新盆。


それが終わったら、
こっちは多分、年内中に一周忌かな。



もちろんその前には通常の8月のお盆の
迎え火から送り火、墓参りまで色々あるし
ご近所さんはまだまだ線香あげに来てくれるし。


ということで
なんだかんだ、墓守は大変です。
特に田舎は..あはは。



じーさんの四十九日法要と納骨

この間の日曜日、
心配してた雨が降ることもなく暖かな一日。


10時にご住職に自宅に来てもらって


   もちろん送迎しました 義弟が..m(_ _)m



お経をあげてもらい、全員で般若心経を唱え
三十五日、四十九日、百か日の塔婆を頂いた。


それからお墓に行って納骨。
頼んだ石屋さんがとっても気配りの出来る方で


あらかじめ花入れをきれいにしてくれてたり
強力なライターで線香に火をつけてくれたり
古い塔婆は処分しますよと言ってくれたり
納骨が済んだ後も火が心配だから
少し残って線香を見てますって言ってくれたり
なんとも有り難い。



その後、自宅に戻って食事。
パック膳とお刺身、オードブルは頼んで
約20人分のサラダ2種類と煮物は頑張って作ったのだ。
 
   ↑たまにやるからエラそう (^^;


昼過ぎ、お世話になったご近所の
お組合さんたちが帰り身内だけに。


そこで、親しき中にもってことで
みんなに丁寧にお礼を言った。
今度は新盆でお世話になるしね。


納骨が済んでホントにホッとした。
これで姉のとこの納骨が済めば
7月末の新盆までのんびり出来るかな。


   義兄のいない不思議さっていうか
   その大きさっていうか
   とうとう誰も口にはしなかったけど
   その寂しさったら、なんともねぇ..



そうそう、昨日の朝、
うぐいすの鳴き声が聞こえた。
例年よりかなり早い気もするけど
春なんだねぇ。


と思っていたら、いま外は雪が降ってる。(◎_◎)
ホントに『暑さ寒さも彼岸まで』だね。
お互い気温差に負けずに過ごしましょ。
春はそこまで来てるもんね。



事実は小説よりナントカ..

じーさんの葬式でのこと。


弔電が2通届いたんだけど
今どきの若い子って弔電を知らないってことが判明。


そもそも電報が何なのか分かってなくて
家に電話が来ると思ってたみたい。
みんなで大笑いしちゃった。(^m^)



そんな20代前半の姪っ子たちだけど
ちょうど友引だった日に
みんなで雪かきに来てくれた。


若いパワーであっとう間に雪かき終了。
ホントにありがたや。


それにお弁当まで買って来てくれて
ホントにホントにありがたや。
ごちそうさまでした。m(_ _)m



みんなが帰って、それまでのことを
簡単にノートにまとめ終わって
今日は友引だし誰も来ないだろうから
30分くらい眠れるかなと思って
コタツに潜り込んだその時!


まさかの足音が..


ピンポ~~ン♪
誰だろうと思って玄関を開けたら
ご近所の女性。


   私より3つくらい年下
   子どもの頃に遊んだけど
   最近は少しおかしいっていう噂も..
   母一人子一人


これ持ってきたの と香典袋を差し出した。


   びっくりポン!!(@_@;)


ありがとうございますと言ったものの
こりゃちゃんと言わないとダメだと思って
彼女の両腕を優しく包んで


A子さん、来てくれたのは嬉しいけど、
ちゃんと暦見て来た?
今日は友引なんだよ
この辺は友引は葬式のある家には行っちゃダメなんだよ


って話したら、えっ、そうなの?と驚いてた。
いやー逆にこっちが驚いたよ。


A子さんだって、悪いけど
いずれお母さんのお葬式やるでしょ?
その時のために少し教えるね


   私が教えるなんて自分でも笑っちゃうけど
   なんか彼女が可哀そうに思えてね


まずは香典は友引には持って行かないこと


玄関開けたら、
   この度はご愁傷様です
   お線香をあげさせて下さい  って言う
こっちが、
   ありがとうございます
   どうぞ、こちらです って言ったら
こうやってやる


てな感じで色々と大きなお世話で話した。


   途中で何度も、マナーの先生かっ!
   って自分に突っ込みいれながらね (^^;


どこまで話が通じたかは疑問だけど
あとで少しでも思い出してくれればいいかな。


   彼女の話は脱線しっぱなしで
   軌道修正するのが大変
   何度こっちが、聞いて聞いてって言ったか




そんなこんなでお疲れ様でしたぁ
ってことで、ぽちっとマグカップをゲット。
前のが割れちゃったから探してたんだよね。


Mag

ちなみに一緒にゲットした写真立てに入れた写真は
暮れに行ったライブで
大好きなバンドマンたちと一緒に撮ってもらった写真。


私がファンだって知った子が気を利かせてくれてね
実はすっごい遠慮したんだけどね。
ダメですよって腕を掴まれた。(^m^)


お陰で日に何度も見てはニンマリしてますの。
おほほほほ。
あ~疲れが吹っ飛ぶ~~。^^



葬儀も終わり

コーヒー淹れてやっと少しボケ~っとする午後。


昨日、祭壇が片づけられ四十九日ver.に替わり
葬儀屋さんへの支払いも済ませた。


これから姉が留守番に来てくれるので
病院の支払いして ← 完全に忘れてた (^_^;)
施設にある荷物を取りに行って


   入院中は3ヶ月は部屋をキープ予定だったけど
   ちゃんとハンコ押して退所の手続しなくちゃ
   そうそう、施設から香典頂いたのよね


あとは葬儀屋さんからのスケジュール表に従って
来月の四十九日法要と納骨の準備。
夏には新盆、暮れには一周忌..
淡々とこなせば今年も終わりかな。



そういえば病院で中学の同級生とバッタリ。


実家の両親の介護をしてる弟さんを手伝うため
昨年の秋に仕事を辞めたという彼女。


母親が足を骨折してじーさんと同じ病院に入院、
その数日後に父親が倒れて別の病院に入院。
急に目が回るくらい忙しくなったって。


無理しないで、頑張り過ぎないで
先が見えないのがホントにキツイからね
そう彼女に言葉をかけた。



さて、今夜も早めに寝て寝不足解消だぁ。(^^)/

じーさん亡くなる

憎まれっ子世になんとかのはずが
27日夜、じーさんは、
いや父はとうとう息を引き取りました。

なんだかんだあったけど、最期はみんなそばにいたし
苦しむこともなく眠るようでした。

それからは喪主として葬儀屋さん、
近所のお組合さんたち、
姉たちとあれやこれや打ち合わせでバタバタ。

なんせずっと留守にしてたから
せめて家から送ってあげたいと思って

    なんて優しい娘 ( *´艸`)
     っていうか、事実今は
    静かに眠ってるって感じ
    それがまぁ不思議だこと

そしたら、次から次と決めることがてんこ盛り。
脳みそが追い付かない。(^^;

さてと、明日からの「謝辞」(3回かな)を
モゴモゴ練習しながら
脳みそクールダウンしつつ雪かきしなきゃ。

そんな、『友引』に感謝の
ちょっとのんびりな朝なのでした。


※※皆様へ
今まで父のことでご心配頂き本当にありがとうございました。
愚痴もたくさん聞いて頂き本当に本当にありがとうございました。
救われました。m(_ _)m

かなり至らないかもだけど
なんとか喪主を無事勤められるよう
頑張りすぎず頑張りま~す。



あれからのこと ~ じーさんはまだ入院中

感染の疑いのある菌(MRSA)が見つかって
個室に隔離状態になったり
口からの食事もとれなくなったり
意識が薄れたり心拍が高かったり熱が出たり
体内の二酸化炭素量が増えたり..
なんとも安定しないので
昼過ぎから消灯まで付き添う日々が続いてた。



一昨日の40cm近い雪では
頑張って2時間雪かきしたけど、除雪車が来ず
さすがに通りまで車が出せず病院行きは断念。


   その筋肉痛が今頃来て体が痛くて笑っちゃう^^;


その代わり割りと病院が近い姉が行ってくれて
様子をメールしてもらったり。
姉たちと時おり交代しながらって感じ。



最近やっと4人部屋に戻ったものの
腕・足からの点滴(栄養・薬)は入らず
とうとう中心静脈からになった。



救急搬送された時に主治医から
どこまで治療しますかって聞かれ
管だらけにはしたくないとか、
最期はなるべく苦しまずに
なんて姉たちと話し合って答えたけど
現実にはスパッと「はいっ、ここまで!」
ってならないもんねぇ。


現実に鼻から酸素で息はしてるし
意識は弱いけどたま~にうなずいたり
少~しだけ腕や足を動かしたり
嫌がる時、眉間にシワ寄せたりするし。




親の延命治療っていう
答えのないとっても悩ましい問題と向き合って


親を看取るってこういうことなのかぁ とか
いつまで続くんだぁ?? とか思ってる鬼娘。^^;



今日は午後からKちゃんとこで白髪染め。
10日くらい前に予約してたのを一旦キャンセルしたら
Kちゃんからは何度も電話もらって
「お父さんどうした?
 ケセラも風邪ひかないでね」なんて有り難いこと。


そして
「もしお葬式になったら白髪染めてる時間ないから
 来れる時においで」って言ってもらった。


ホントは午前中に病院に行こうって思ったけど
道路がツルツルなのと筋肉痛で
姉たちに話して付き添いは休み。


母の時とは違い、20以上も年取ったせいで
さすがに疲れがたまってきた。
あの時は泊まりで付き添いしたんだよね。



けど、踏ん張れ私!
そして、じーさんも踏ん張れ!


   憎たらしいじーさんだけど、だったけど
   そこはそれ、親子の情っていうのかな
   また施設に戻れるくらいになって欲しいのよ
   あはははは...おっ、日が差してきたsun



より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

CookClock (クッククロック)

  • CookClock (クッククロック) ♪

♪リンク

無料ブログはココログ