サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

ライブ仲間に会いに

今朝はマイナス5度近くまで冷え込んだ。
まだまだ寒いけど日向には雑草も生えてきた。
明日から3月、多分春はそこまで来てるのかな。



先日、ライブ仲間の地元へ
ちょいとお邪魔してきました。


小山から両毛線に乗り換えて無事に群馬に到着。


うちに泊まります?なんて言われたけど
お母様がお元気なら話は別だけど
在宅介護真っ最中だものね、
それはさすがに遠慮しましたよ。


山並みがキレイに見える中をドライブして


Chi

こんなの見せてもらって


  何でも「世界一大きなつるし飾り」だそうで
  ギネスブックに登録されている


Hina1

Hina2

美味しいと評判のパンも買って


次にケーキの美味しいお店でお喋りタイム。
車の中でもずっと彼女は喋ってたけどね。


Cakes


とにかく彼女と色んな話が出来て良かった。


音楽の話はもちろんのこと、
老人医療や介護のことなど話は尽きない。
もうね、彼女の話が途切れないのよ。


時々、DMや電話でやりとりしてるけど
こうして顔を見て話すってやっぱり大事ね。


「もういつでも好きな時に旅立ってもいいよ」
ってお母様に話しかけてるって言ってたけど
さすがに寂しそうな表情してたし。


ケーキ屋さんを出て、彼女はいったん自宅へ。
私はオススメのお弁当買ってもらってホテルで夕飯。



そして再び待ち合わせて一緒にライブ会場へ。
笑っちゃうくらい楽しかった。
これだからまた知らない町に出かけたくなるのよね。^^



映画「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK」

まだ映画館で観られるというので
行ってきましたよ。


Beatles

タイトルが長い。
「ザ・ビートルズ
 EIGHT DAYS A WEEK
 The Touring Years」


   お客さんの平均年齢は高め(^_^;)
   私より少し年上の方ばかり
   リアル世代が多かったのかな



実はこれ二度目の鑑賞。
去年、新潟にライブに行った時にやってて
帰りの時間を変更して観て来ちゃった。


前回はずっとワクワクしっぱなしで
そりゃもう楽しくて楽しくて
口パクでずっと歌ってた。^^


  だってホントに大好きなんだもの


でも今回は
今まで人種で観客席を分けてたのを
そんならライブしないよって撤廃させたり
ハリウッド女優たちのエピソードに
なんだか涙が出ちゃった。(;_;)


複雑な問題に正々堂々と立ち向かって
さらに記者たちのイヤな質問にも
さらりとジョークで切り返して..
若いのにスゴいなぁって改めて感激。


それに歌も演奏もルックスも完璧だよね。
いつ聴いても新鮮だし。


そうそう、隣の女性が段々前のめりになって
そのうち椅子から落ちるんじゃないかって
ちょっとハラハラしちゃった。(^_^;)
まぁ、それだけ楽しかったことなのね。



という訳で今日はこんなの聴いてます。


Letitbe

静かな雨の中、なんかイイ感じ。(^^)


そういえばこのレコード買ったときにもらった
大きなポスターはどこに行っちゃったんだろ??



映画「この世界の片隅に」

先週観てきました。


Konosekaino

周りがみんな良いって言うんでやっとね。
それとレディースデーだから。(^m^)


いやー良かった。
もっと早く観れば良かった。
観終わったあとに
やっぱりごくごく普通の平凡な暮らしが
いかに尊くてありがたいことなのか
それを考えさせれるっていうか。


席を立った人達がみんな鼻を赤くしてたのが
この映画の良さを物語ってるっていうか。


そして改めてこう思った。戦争反対と。



昭和8年から始まる物語。


    つい、うちのじーさんは昭和4年生まれで
    母は昭和6年生まれだから..
    なんてことも頭をよぎりつつ


普通の人たちには普通の暮らしが続いていく
そんな平凡な日々に、
いつの間にか戦争が割り込んで来る。
すさまじい空襲、そして原爆投下。



何度もくすくす笑いが起こるし
それと同じくらいすすり泣きも。
笑ってるのに涙が流れるみたいな。


ほんわかした主人公の声とアニメの雰囲気が
なんか余計に悲しさや切なさ、
やるせなさや生々しさが増すっていうか
想像を掻き立てられる。


物のない時代、食料不足に対する知恵と工夫には
ホントに涙ぐましいものがあるし
比べても仕方ないかもだけど
今はホントに幸せだよなってつくづく思う。


歌も良かったな。
オープニングの懐かしい歌、小声で口ずさんじゃった。


同じ原作者の実写映画「夕凪の街 桜の国」も
また観てみたくなったし


数年前に行った広島の平和公園へ
また行きたくなったのでした。


鼻をかみながら (^_^;)
エンドロールのイラストで少し救われ
映画作りの新しい支援の仕方も知ることも出来て
戦争映画と一言では言えないような
何だろ、うまく言えないけど
とにかく観て良かった。


観てない方、ぜひどうぞ。
オススメです。
家族で観て話し合うといいかもね。


もちろんハンカチやティッシュは忘れずに。



義兄の命日

またまた降りました。
それでも今朝は数センチってとこかな。


昨夜は満月が明るくてきれいって思ってたら
いつの間にか雪に変わってた。



そして一昨日の朝はこんな感じ。


0210yuki

雪かきを終えてから姉宅へ。
そう、義兄が亡くなって一年。
義兄の命日。


早いなぁ、あれから一年。
今でも、まさかなぁって思うし
あの日のことはハッキリと覚えてる。


まさかってことが起きるもんなのよねぇ。
時としてね。



妹と待ち合わせてお供え物と花を買ってから
お線香を上げさせてもらう。
それから3人でお墓へ。


お寺は雪かきの真っ最中でお墓までは手が回らず
膝近くまでの雪の中をエイってズボズボ歩いて


   自分の車には万が一の立ち往生に備えて
   長靴・スコップ・水・非常食・簡易トイレ
   毛布・ティッシュと積んであるに
   姉の車に乗せてもらったもんだから
   長靴も履けず..


Ohaka

↑あはっ、こんな写真撮ったら怒られるかな。(^_^;)


お墓参りのあとは久々のラーメン屋へ。
美味しゅうございました。



昨日は関東に就職した姪が来てくれた。
お土産はこれ。


Hiyoko

どこから食べるか迷うやつ。(^^)



信州へ♪

じーさんの命日に姉たちが集まってくれて
お線香上げてくれた。
義弟は無事退院してリハビリも順調そう。


あの日から一年とかって何度も書いちゃうけど、
この一年色々あって、娘としての務め以外の
田舎のしがらみがストレスだったな。


分かっていてもやっぱり辛かったのよね。
かなり疲れたって思う。


でもこれで三回忌までホントに一段落。
喉のしこりも何でもなかったしね。



というわけで、思いきって信州でのライブで気分転換。
今回は経費削減で都内からはバス旅。(^_^;


まずはあの巨大バスターミナルから。


1busta

コンビニも出来たのね。


時間はかかるけど、こっちが会場に近いし
その分のんびり本を読んだり音楽聴いたり。
時々おやつ食べたり。(^.^)


いざ乗車。運良く女性専用ゲット。v(^^)


2bus

まるで壁のような山々に向かってバスがひた走る。
席はもちろん窓際。
初めての景色にウキウキ。
なんだろ、知らない町って楽しい。


右手に大きな湖。諏訪湖。
写真撮れなかったけど、心のフィルムに
しっかり焼き付けました。
連なる山々と湖。絵になるね。


中央道降りて天竜川沿いの道を進むと降車場所。


3

早目に着いたのでチェックインしてから駅前散策。
シャッター通りの少し寂しい町。
ご飯やさんも見つからず、コンビニは遠いとのことなので、
駅前スーパーで夕飯調達。
その後タクシーでライブ会場へ。


タクシー運転手さんいわく、
夏になると2600mくらいまでロープウェイで行けるから
またぜひどうぞって。


ちなみにこっちが拍子抜けするくらい雪がなかった。
あんまり降らない所らしい。



神々しい二つのアルプスに挟まれたステキな町でのライブは
もちのろん、サイコーに楽しかった。
はるばる出掛けた甲斐があったってもんです。はい。



そして翌朝。5時のバスに乗るため乗車場所へ。


4

4時に出社したと言う窓口の
可愛いらしい女性お二人のお陰で
待合室は明るくてあったか。
真っ暗で寒い朝に有難い。


膝掛け愛用させてもらってますよ、Reeさん。(^^)


5

↑これって信州土産じゃなかったのね。
まぁ西の方の区別がつかない田舎もんでして。(^_^;)



あ~知らない町って楽しい。
また出掛けたいな。
知らない町の知らない店の重たい扉開けるときの
あのドキドキがたまらない。


なんせ術後めでたく11年目に突入だもの
これからもゴーイングマイウェイで
生きることを楽しむのだ。\(^o^)/



« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

CookClock (クッククロック)

  • CookClock (クッククロック) ♪

♪リンク

無料ブログはココログ