サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ログ

« ホワイトバレンタイン~グチも少し..(^_^; | トップページ | 昨日も無事に帰宅 »

再び記録的大雪! & じーさん緊急入院

長くなります。m(_ _)m
さてと、どこから書きましょうか。


昨日の夕方、ショートステイから帰って来たじーさん。
送ってきたスタッフの方から
「ぜえぜえしてるんで内科を受診してください」


様子を見てると、なんだか苦しそう。
こんなこと初めてなので困ってケアマネさんに電話。


「救急車を呼ぼうと思うんですけど」
「それで良いと思いますよ
 この際、入院して詳しく診てもらいましょう」
ドキドキしながら119番に電話。←マジで心臓に悪い。


この時もずっと雪が降り続く。
救急車になんとか乗り込ませ、受け入れ先を探す。
地元の2つの病院が受け入れダメで、
隣町の病院へ出発したのは30分後。


高速道路を使って無事に50分後に病院到着。
ここで心臓の検査をしたら、なんと心筋梗塞!


まさかって感じでビックリ。(@_@)
軽い肺炎かなって思ってたからね。
緊急性があるから専門のいる他の病院に転送することに。


再び救急車に乗り込んで、40分後に2つ目の病院着。
この時、1つ目の病院の男性看護師さんが同乗。


詳しく検査したら、全身の血管がボロボロで
いつ心筋梗塞で亡くなってもおかしくなかったと言われ
本当に本当に驚いた。
さらに、会わせたい人がいたら連絡するようにとも。


カテーテル入れてステントをつけて?
なんとか一番大事な血管を広げた。
結局、ICUにしばらく入院することに。


じーさんが暴れて管をはずすので眠らされてました。
認知症だから自分で症状も分からなかったかもとか
認知症だと治療も少し手間取るし
認知症が進んだり寝たきりになるかもと言われた。


   でもまぁ、結果的に見て
   119番に電話したのは正解だったと思う



ICUに移ったのが、深夜零時を回ってたので
家族のための待合室で、簡単な寝具を借りて
一晩過ごしてから朝の6時頃に起きて家を目指す。


ところが昨日からの大雪で電車は1時間以上遅れ
途中何度か止まりながらも、やっと地元駅に着く。
駅に着いたところで、意を決して姉と妹に電話。


タクシーは1台も見当たらず、駅から覚悟の徒歩!
いつもなら車で15分だけど、車道を歩くこと2時間。
歩道は先日の記録を抜く大雪で膝が埋もれるくらい。


ちょうど1時間歩いてコンビニでコーヒーを飲む。
そういえば、夕飯も朝ご飯も食べてないんだった。


雪が一番ひどかったのは家が見えてから。
雪の深さは太もものあたりまであって歩くのが大変。
それもそのはず、ニュースで70cm超えと知る。


雪1


雪2


さすが記録的な70cm超え!
玄関も埋もれてし、屋根の雪もすごいことに。


バッグの中にも雪が入ってたし
フード付のダウンジャケットもマスクも
手袋もコーデュロイのパンツも靴下もびしょ濡れ。
家に入った途端、その冷たさに気付く。><


まずは着替えてから、玄関前だけ雪かき。
そして、チンして遅い朝ご飯。(^^)


それからコタツにもぐって少し眠る。
ホントは午後に病院に行こうと思ってたけど
車庫から車も出ないし、何よりも走れそうにないし
今日は諦めることにして病院に電話する。
「3時間以上かかって帰宅したんですけど
 明日、何とか頑張って
 たどり着ければ行きたいと思います」と。


3時間以上かかって帰宅と聞いて、ビックリしてた。
普段は1時間くらいだからね。


ケアマネさんからも、普段なら30分の道も
2時間以上のノロノロ運転だと聞いた。


明日、入院に必要な物と書類を持って行きたいけど
行くなら泊まる覚悟で行かないとね。



最後に救急車トリビアを!
救急車の中の携帯での通話はOK。
知らなかったぁ。


ケアマネさんに電話したかったので
救急隊員に聞いたら、いいですよって。


ブーツを履いてる救急隊員は土足のまま家に?
と思ったらカバーをして家の中に入ってきた。


それから高速を走ってる時も
ずっとピーポーって鳴らしてたんだけど
料金所に着いたら音は消してた。そりゃそうだ。



救急車の後ろの窓のカーテンの隙間から見てたけど
赤信号でも止まらず、道の真ん中を
それも夕方の帰宅ラッシュの中を走るって
ちょっと気持ち良かったりして..(^^;
不謹慎か。あはは..


やっと雪は小降りになったけど
明日はどうなるかな。
あっ、灯油だけ物置から玄関に運んどかなくちゃ。


雪3



ってことで、車庫まで雪かき。すごい雪でしょ。
どうか停電しませんように。m(゚- ゚ )



長くなりました。読んでくれてありがとう。
まぁ、年老いた親と暮らすってこういうことかな。
いつ何があってもおかしくないもんね。
ってことで、腹くくってやってます。


それにしても、歩いたり雪かきしたり
結構タフなんだなってひとり笑っちゃう。(^m^)
疲れたぁって思えるのは元気な証拠だものね。



« ホワイトバレンタイン~グチも少し..(^_^; | トップページ | 昨日も無事に帰宅 »

コメント

大変でしたね。
この大雪のときに、本当に大変だったと思います。
まだこれから大変なこと、多いと思いますが身体に気をつけて。
お姉様、妹さんにも協力してもらって頑張ってください。
ひとりで抱え込まずに、無理しないでくださいね。
ゆっくり休めているかしら。
短い時間でも休めるときに休んでね。

おはようございます
 まぁ大変でした すばやい機転 救急車使用で正解でしたね

それにしても大雪にここまで悩まされ…
お疲れ様m(__)m ほんとお疲れ様
お父様は病院に任せてケセラセラさんの生活を大事にしてね
火事場の何とか 無理は禁物 寒い中3時間も…後でドドッと疲れが来ます
こんな時こそ姉妹の出番
大いに頼りましょ
同じ娘なんですから

それにしても心筋梗塞とは 驚いたでしょ
 不安だったでしょ 背中を撫でてあげたい
>まぁ、年老いた親と暮らすってこういうことかな
そうなんです
私も母と3~4回救急車に乗りましたよ^_^;
その都度ふ~でしたが
 病院に任せるって心強いですよ
風邪でも認知の人を家で看るのは思う以上に大変だから

救急車トリビア もうひとつ
夜中3時頃に呼んだとき「近所の迷惑にならないよう音鳴らさないで来て下さい」と頼んだら家の近くは静かに来てくれましたよ

ホント無理は禁物 今日は雪と闘うの止めて自分を労わって下さい 
病院行きもお姉さまに頼ったら? 
 お疲れ貯まりません様に

ケセラセラさん、こんにちは。
ご無沙汰してました。
お父様、大変でしたね。ドキドキしてしまいました。大雪まで重なって、想像を絶する奮闘ぶり、頭が下がります。
お父様は病院でしっかり手を尽くされています。ケセラセラさんは、どうぞご自分の体を大切にされて、無理のないよう。
お大事になさってくださいね。
私も父に付き添って、救急車に乗ったときのことを思い出しました。

雪の中、一人で歩いたんだ。
お疲れ様、お疲れ様。
辛かったね、大変だったね。
後から疲れが出てくるだろうから、負けないようにしっかり食べてください。
不謹慎だけれど、お父様が病院なら寝られると思うからしっかり休んで、負けない体力つけてください。
救急車、私も長男乗せた事を思い出した。
風邪だったんだけど、帰りは送ってくれないから6000円もタクシー代かかったこと・・・
A^_^;)

こもんさん
Rグレイさん
えるむさん
へー太郎さん
こんばんは。そして、ホントにありがとう。
何だか泣けそうなくらい嬉しいです。 (ノ_-。)

昨日も今日も歩いてますよ。
でも今日は姉や妹、姪っ子達と待ち合わせて一緒に病院に行って来ました。

孫だけは分かるのか?じーさんは喜んでいたような..
姉たちからは、
よく決断して救急車を呼んでくれたね、ホントにありがとうと言ってもらいました。

みんなは帰ったけど、私は今夜は病院近くのホテルで一人まったりしてます。
明日じーさんの顔を見て入院の書類を出してから帰ります。
しばらくはICUだから、無理しない程度に通うつもり。

いま我が家は陸の孤島と化してますからね。(^^;
春までには必ず雪も融けるくらいの気持ちで、のんびり雪かきします。
ホントにホントに、励ましありがとう。m(__)m

それにしても、みんな救急車に乗ってるんだね。
そっちのほうがビックリかも..(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホワイトバレンタイン~グチも少し..(^_^; | トップページ | 昨日も無事に帰宅 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

CookClock (クッククロック)


♪リンク

無料ブログはココログ