サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ログ

« 1人分のお鍋 | トップページ | 姉のこと »

映画「阿弥陀堂だより」

映画「阿弥陀堂だより」をDVDで観た。
きっと以前の私なら、退屈で眠ってしまったかも..
っていうくらい、穏やかで静かな物語。


でも始まってすぐ、きちんと正座した。
樋口可南子が演じる主人公(パニック障害の女医)の
2つのセリフが心に響いてくる。


「今をよく生きることが よく死ぬことかなぁって..」


「朝(あした)には紅顔 夕べには白骨」
 朝には元気でも、夕べには亡くなるかもしれない、
 人生とははかないものだから、今を懸命に生きる


阿弥陀堂に住むおうめ婆さんの言葉も、
いちいち、なるほどなぁと思ってしまう。
(おうめ婆さん役の北林谷栄が最高です)


病気にならなければ、これらの言葉も
私には伝わってこなかっただろう。


この映画を観ようと思ったのは、先日姉から
「今のケセラセラには、ちょっときついかもしれないけど
深くて色々考えさせられる映画だよ。
それにね、原作を書いた人が、うつになったお医者さんだから。」


映画に描かれる、夫婦のあり方が素晴らしいの。
こんな穏やかな夫婦でいられたら幸せだろうなって思う。
(静かに妻を見守る夫役には寺尾聰
 こういう旦那なら欲しいかも..(^^; )


末期がんの恩師の死に際が、私にすれば理想的。
「自分で息を止めたみたい」な死に方なのだ。


原作は南木佳士(ナギケイシ)というお医者さん。
どうしても原作が読みたくなって、文庫本を
セブンアンドワイに注文した。


5年前の映画、姉に薦められなければ
きっと観ていなかったと思う。
病気をした今の私だからこそ、心に響いた気がする。
1週間に2回も観てしまいましたよ。


 昨夜は
昨夜は豆腐サラダとチーズトースト
豆腐サラダとチーズトースト。



« 1人分のお鍋 | トップページ | 姉のこと »

コメント

こんばんは。
ブログのタイトルを変えました。
アドレスは同じです。
よろしくお願いしますm(_ _)m

TOMさん、こんばんは。
体調はいかがですか?

新しいタイトル「逃げないほうが楽なんだよ」って
とっても意味深ですよね。

真正面から受け止めて逃げない..
そんなTOMさんの決意が伝わって来るようです。
応援してます。

夫に連れられて映画を見るようになってもうずいぶん経過していますが、この映画も映画館で予告編で観た覚えがあります。
本編は見てないんだけど、映画を選ぶ夫の趣味には合わなかったのでしょう。
選ばなかった理由はケセラセラさんの「以前の私なら退屈で眠ってしまったかも」というのと同じかな?
今度DVDで借りてもらって観てみようかな?
元気なときには響かなかった言葉ってたくさんありますね。

ケセラセラさん、おはようございます。
私のブログにもコメントありがとうございました。

そう、なかなか考えて意味深なタイトルになりました(苦笑)。

南木佳士は、お医者さんですが、なかなか人気のある作家ですよね。

よろしくお願いします(*^_^*)

↑すみません、「TOM]のコメントです。
署名無しで、失礼しました。

ケセラセラさん、おはようございます。
赤いセラミックのお鍋、とっても可愛いですね。
お料理が楽しくなりそうです。

この映画、もう5年前になるんですね。
いい評価がされてあって、地上波で放送されたのを見たことがあります。でも、回りがうるさくて、
何となく中途半端になってしまいました。

穏やかな農村の風景が印象的だったように思えます

「朝には紅顔、夕べには白骨」この言葉、法事の時にお坊さんが話されたことがあります。
とてもドキッとして、複雑な気持ちになりました。
お姉さまの心遣いが伝わって来ますね。
私ももう一度ゆっくり見てみたいです。
病気になったのはとても辛いことだったけど、
いろんな気付きというか、考えさせられることもたくさんあって、きっとそこには、何かがあるのかな~と思わずにはいられません。

よつばさん、いつもコメントありがとう。

そうそう、
「元気なときには響かなかった言葉ってたくさんありますね。」そうなんですよ。

今までは、乳がんなんて自分の中では
ホントに他人事だったからね。

この映画からも、目を背けず生と死を考える事を
教わった気がしてます。

おうめ婆ちゃんと小百合ちゃんが、とっても良いのよ。
2人の心の交流にも泣けましたよ。

TOMさん、何度もコメントありがとう。

南木佳士さんも病気になって初めて見えたことが
たくさんあったんじゃないでしょうか。
そんな気がしてます。

他の本も読んでみたくなりました。

葉月さん、いつもコメントありがとう。

この映画は第26回日本アカデミー賞で8部門にエントリーされ、
北林谷栄が最優秀助演女優賞を取ってたんですね。
どうして知らなかったんだろう..
元気な頃には、全く響いてこなかったって
事なんでしょうね..

私も病気になって、色々考えさせられました。
それだけは良かったと思ってます。

赤いお鍋、ホントに可愛いの。
さて、何を作ろうかしら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1人分のお鍋 | トップページ | 姉のこと »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

CookClock (クッククロック)

  • CookClock (クッククロック) ♪

♪リンク

無料ブログはココログ