サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

退院後ひと月、術後40日が経過

今朝、姪(妹の娘)が追突事故を起こしてしまった。
わき見運転で、前の車に突っ込み、
私が通院してる病院に入院してしまった。
それも救急車で..

こうなると、いつまでも妹に甘えてばかりいられない。
これを機に、車の運転を再開しなくちゃ。

というわけで、運転したのは
去年の入院前日(12月19日)以来、ホントに久しぶり。
まずはスタンドに行って、ガソリン入れて洗車してもらう。
腕の力は大丈夫。
ただシートベルトが邪魔くさい。

せっかくなので、少し遠回りして
のんびり買い物して帰ってきた。

今までは、妹に買い物を頼んでいたけど
自分で選べないのは、つまらないんだよね。
例えヨーグルト1個でも。

ちょっと疲れたけど、やっぱり運転は好き。
好きな音楽を聴きながら、ストレス発散できたみたい。
昨日、抗がん剤を投与したことを忘れたくらい。
お天気も良かったしね。

姪は、不幸中の幸いか、口の中を少し切っただけで、
他にけが人はいないみたい。
早く良くなりますように..

抗がん剤2回目

今朝のWBC(白血球の数)は、7,300。
私のほぼ正常な値まで上がり、
1回目から予定通り3週間目での投与となりました。

きょうの昼食~売店で買ったおにぎり、ジャムとバターを塗ったパン、牛乳、お茶
↑ 点滴したまま昼食。とりあえず食べなくちゃね。

でも、明日の夜が怖い。
また、副作用がフルコースで始まるかな..
せっかく体重を2kg増やしたのに、減るのはイヤなんだけど。

抗がん剤は、がん細胞だけでなく正常な細胞にも
ダメージを与えてしまうのよねぇ。
だから色んな副作用も出ちゃう訳よ。

風邪ひいたら風邪薬みたいな
本当の意味での、安くて早く効く『抗がん剤』が
1日でも早く出来るといいんだけど..

■本日の支払い
30,170円(国保3割負担)

いろんな所の毛が..

今の所、眉毛やまつ毛は抜ける気配なし。
鼻毛は、どうなんだろう、分からない。

髪って、約10万本くらい生えてるらしいけど、
ごっそり抜けてもまだ完全なハゲにはなっていない。

シャワーで流しても流しても、
指にまとわり付いてイヤになる。

きょうの髪は ロード・オブ・ザ・リングのゴラムのお友だち状態
ロード・オブ・ザ・リングのゴラムのお友だち状態。
表面には、あるように見えるけど
ホントは地肌丸見え。

それに、地肌が乾燥してカサカサだわ。

←下は後頭部の写真。

腕や足の毛は、つまむとスルッと抜けてしまう。
それから、アソコの毛もね、
抜け始まったみたい。(^^;

何かと話題の2チャンネルだけど
「抗がん剤について語ろう」には、
副作用と闘ってる患者の本音がいっぱい。

副作用はつらいけど..

手術出来たこと、術後の補助療法があること。
こうして何か手立てがあるだけマシだと思う。

なぜかって言うと、13年前に
胃がんで亡くなった母の事があったから。

母は末期の胃がんで手術も出来ずに
痛みをほんの少し軽くすることしか出来ずに亡くなった。

ずっと通っていた内科医の誤診でがんを見逃し、
別の病院での検査で、末期の胃がんと診断、
余命半年と宣告された。

誤診した内科医のことも恨んだけど、
もっと早く別の病院に連れて行っていればと、
私たちは、どんなに悔やんだことか..

いま、
胸の傷を見ては、
はぁ、何でこんなになっちゃった?

まばらに髪が抜けた頭を見ては、
うわっ、ロード・オブ・ザ・リングのゴラム!?

もしかしたら、いつか再発する?

そんな風に落ち込んだとき、母のことを考える。
どんなに悔しかっただろう、
どんなに生きたかっただろうって。

だからね、今こうして生きていることを
素直に有難いって思う。
おっぱいを無くしたことは悲しいけど..

季節に救われてるなぁ..

今が冬で良かったと、マジで思う。
モコモコ着込んで、ごまかせる。
ニット帽を深めに被っても、怪しまれないし。

これが真夏だったらと思うと、恐ろしい。
きっと、うつ病まっしぐらかも..
寒いけど、ホント冬で良かった。

ネットで注文したニット帽が、さっき届いた。

ニット帽2点 期待通りでしたよ

● ↑さっそく被ってみました。
どうでしょう?若過ぎ?
どうせ被るなら、楽しまないと♪

左 ダメージ加工してあって、リバーシブルになってま~す。
  中は、白と黒の縞模様。ゆたっりして被りやすい。
右 深めに被れて、さらに折り返しも出来るのだ。
左のよりは、ちょっときつめかな。

大阪の「FORWARD」というお店からお取り寄せ
缶バッジが付いてました。ありがとう。v(^^)

気分転換とストレス発散

夕方、イチゴを買ってきてくれた妹が
頭のバンダナを見て、一瞬固まった。

「とうとうさ、髪がゴッソリ抜けたよ」と言ったら
「先生が言うとおりの副作用が出るんだね」と、しみじみ。

手術してからのほうが、体にも心にも
つらい事が次々起きる。

こんな時こそ笑わないと!
コメディ映画を見て、五代目柳家小さんの落語を聞いた。
はぁ、笑ってスッキリ。

そして、気分転換とストレス発散のために
ネットで、スイーツとニット帽を注文した。

女のストレス解消なんて安いもんだ。v(^^)

今夜のデザートはフルーツヨーグルト~イチゴ、バナナ、ブドウ
今夜のデザートはフルーツヨーグルト
もらったイチゴとバナナ、ブドウ入り

手抜きですんません..(^^;

とうとう、本格的に脱毛が..

昨日から、とうとう髪が抜け始めた。
抗がん剤が始まって、15日目のこと。

昨日の夕方は、頭に手を入れると
10本くらい抜ける感じだったけど、
きょうは、ごっそり抜けた。
覚悟してたけど、ショック。

それに、こんなに抜けるのに、
痛くないなんて不思議。

思い切ってシャンプーしたら、
髪が指にからまるわ、
タオルに絡みつくわ、
排水口に詰まるわ..

先生からは、脱毛のこと言われてたけど
なんだか悲しくて切なくて、
一人風呂場で泣いちゃった。

今は、部屋に髪が抜け落ちるのがイヤなので
バンダナを使っている。

■勝手にリンク 脱毛情報
脱毛のメカニズムから、かつら情報まで
1.がん患者SS TODAY!_治療中の生活工夫

2.国立がんセンターがん対策情報センター

3.日経BPがんナビ


微熱が続いて..

昨日の午後から今朝まで、ずっと37.8度が続き、
朝の5時にやっと36.8度まで下がった。
一晩中、熱のせいか腰が痛くて参った。

脈を打つたび、腰の辺り、へその後ろ側が
ズキンズキンと痛んで
「あっ、うぅ~、おあっ..」と、
こんなうめき声が思わずでてしまう。
くーっ、誰か何とかしてって叫びたい気分。

今は、やっと平熱に戻ったみたい。
何でも、普通が一番イイやね。

いま貼っている絆創膏、幅5cm
●いま胸に貼っている絆創膏、幅5cm
抜糸してから1週間。
まだまだ、かさぶたが..

絆創膏に負けて、かゆくなっちゃうんだけど
D先生は「かゆくなりにくい絆創膏ですから」と出してくれた。

入院中、ドレーンの管を止めてたテープのあたりを、
かきまくってたのを知ってたみたい。
D先生、ありがとう。かゆいのも、ツライのよ。

そうそう、なんだか脱毛が始まったみたい。
覚悟はしてたけどね、イヤだねぇ。

白血球が減ってました

きょうの血液検査で白血球数(※WBC)が1,500。
主治医のD先生からは、抗がん剤のあと
「2週間後くらいが一番減少する頃ですからね」と言われてたけど
私の正常値が7,500くらいだから、5分の1まで減ったことになる。

白血球が減ってるってことは、
抗がん剤が効いてるという証拠なんだけど..

白血球数(WBC)
1/16 3500
1/23 1500

なので、白血球を増やす注射をして、
2回目の抗がん剤は予定通り来週になるかな。

感染症の予防のため、クラビット錠を処方される。
熱もこまめに測るよう言われる。

※白血球数(WBC=White Blood Cell Count)
WBCと言っても、王ジャパンじゃなくて、白血球の数のこと。
白血球は、外部から侵入してきた細菌やウイルス、異物などを
やっつける働きをしてるわけだけど、
抗がん剤治療で、白血球が減少するとヤバイらしい。
体の抵抗力が下がって、感染症にかかりやすくなってしまう。
基準値は、血液1立方ミリメートル中に4000~9000個くらい。

●本日の支払い
 注射・薬含む(国保3割負担)
 5,587円

さあ、バナナとヨーグルト(腸まで届く乳酸菌入り)で
白血球を増やそうっと。

術後1ヶ月 今の状態

昨日は夕方からログイン出来なかった..(-_-メ)

今も寝る時に
右腕(術側)の下には折ったバスタオルを入れている。
それは、入院中に看護婦さんが教えてくれたんだけど、
腕がとっても楽だし、リンパ液の流れを助けるんだって。

それから、看護婦さんから言われた大事なこと
 ・術側の腕での注射、採血、血圧測定はダメ
 ・術側の腕のケガ・やけど・日焼けをしない
 ・術側の腕で重いものを持たない

脇の下に鉄板でも打ち込まれたような嫌な感じは、
糸で引っ張られているくらいに変わってきた。

ひじの上の、細い針で刺されているような
チクチクする痛みは無くなってきた。
少し痺れてる感じがするだけかな。

2~3日前から、歯磨き後の歯ブラシの水切りも
痛みを感じないで出来るようになった。

術後から今も、握力には全く問題なし。
入院中、洗濯物(タオルや肌着)は妹に頼んだけど、
下着(パンツ)だけは、ずっと自分で洗って
ギュッと絞ってカーテンの後ろに干してた。

「乳房手術を受けた方への日常生活管理ガイドブック」 クリックでPDFファイルが開きます  (←
 病院からもらったのと同じ 手元の冊子には
 監修:慶應義塾大学医学部 外科/池田正先生とある
「乳房手術を受けた方への日常生活管理ガイドブック」
 クリックでPDFファイルが開きます)
「壁のぼり体操」が、まだキツイ。




左に比べるとまだまだ右手が上がらないね
左と比べると、20cmくらい差がある。

あとは着替えのとき。
Tシャツやセーターをどうにか着ることは出来ても
脱ぐときがチョッと大変。

でも、
トイレでお尻が拭けるだけ、マシってもんです。

これだけは入院中に踏ん張って、あっいや、
頑張ってクリアしましたよ。

自分で自分のケツを拭けないなんて、
それじゃ惨めだもんねぇ。(^^;

今日は採血と2回目の抗がん剤かも..
行ってきます。

人工乳房やパッドのこと

K子の運転で、T子がいつも自分が使っている
人工乳房を見せに来てくれた。

T子は右乳房全摘から、この1月で12年経過。
私の心強い味方だ。

Yuko
ユコー(株)の人工乳房マンマ


Kolo
コロプラスト(株)のブレストフォーム


ワコールのリマンマの3種類。

「色々試したんだよ」と言うT子のオススメは、ユコー。
「貧乏性だから物持ちが良くってさ、
5年も使ったら、メーカーの人も驚いてたよ。」

何とも言えない感触と微妙な重さ。
柔らかくて、気持ちイイ~。
元々胸が大きかったT子は、
片方無いと、歩くときもバランスが悪かったって。

そしてもう1つ。
Bbra
↑ これは100均で売っている、
500円の中国製のヌーブラもどき。
100均でこんなの売ってるんだ。知らなかったぁ。

T子からこのヌーブラもどきと日焼け止めをもらった。
手術した側の腕は、日焼けしないようにって。

私みたいに胸が大きくない場合は、
これを真ん中でバラして、2個ブラの中に入れれば
きれいに見えるんじゃないかって。

布製のパッドでも良いかなって思ってたんだけど、
あんまり軽いとブラが上がってきちゃうらしい。
なるほど、なかなか聞けない貴重な体験談だ。
ありがとう、T子。

あとはお財布との相談かしら.. (^^;

告知、手術、初めての抗がん剤までを振り返って

手術が終わって、抗がん剤治療が始まってからは
前のようにネットで調べまくって、
体験記を読んでは落ち込んで泣くことは無くなった。

一番不安だったのは、告知を受ける前夜だったかも。
それまでは、泣いてばっかりいたから。

確かに乳がんと宣告されたのは、
チョーが付くくらいショックだったけど
敵の正体が分かってホッとしたって感じかな。

ぶっちゃけ、今でも「何で私が?」っていう思いは
頭の奥にこびり付いてるけど..

今はね、良くなるだけ、そう信じてるし、
「病は気から」って昔から言うじゃない?
たとえ三歩進んで二歩下がっても、
一歩前進なら大丈夫、問題なしでしょ。
下を見ても上を見ても切りが無いし..

最近ネットで調べていることは、
もっぱら、免疫に関すること。
乳がんなんて病気になると、
イヤでも今までの食生活を見直すもの。

願わくは、美味しく健康に

きのこと野菜のとり団子鍋~煮干のだしと黒胡椒で美味しい♪
●↑ 「きのこと野菜のとり団子鍋」

18日放送のデリデリキッチンの、
「ジューシーつくねのあったか・きのこ鍋」

ねぎ、白菜、にんじんも入れてみた。

きのこは大好きだし、体に良いから一石二鳥ってとこかな。

きのこ類に含まれるβグルカン
タンパク質と結びつくことで免疫力を高め、
がん予防にもなるんだって。

今ね、不思議なことに
コーヒーを飲みたいと思わないの。
体が必要としてないってことかな。

ドラマで泣く

今夜は、ドラマ「壊れた脳生存する知」を
泣きながら見てました。

ホントにねぇ、なんていうか、
いろんな病気があるんだね。

来週は乳がんと闘う、歌手でシングルマザーの
横内美知代さんのお話らしい。
これも、きっと見たら泣いちゃうんだろうな..


笑って、頑張る

「頑張る」の意味は
 困難にめげないで我慢してやり抜くこと

友だちから励ましの電話。
「頑張っている人に頑張ってって言うのは
ホントに心苦しいけど、それでも頑張ってよ。」

抗がん剤 → 食べて吐いて下痢して..
落ち着いて食欲出た頃に、また抗がん剤

でもこれが一生続くわけじゃないんだよね。

さっ、今夜も落語聴いて笑うよ。

笑ってナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化しないと!

友だち..

さっき、入院中に何度も顔を出してくれたT子が来た。

「はいこれ、ちょっと遅いけどお年玉。」
と言って手渡されたのは、ポチ袋。

そこには、T子、K子、H江の名前が書かれていた。
「お年玉なんだからお返しは無しだよ。」
そう言われて涙がこぼれそうだった。(ノω・、)

「抗がん剤が終わったら、美味しいもの食べに行こうね。
大丈夫、乗り越えられるんだから..」

乳がんを乗り越えたT子(術後10年経過)の言葉は、
ホントに力強くて大きな励みになる。

T子の強引さに負けるように受けたセカンドオピニオン。

その時のN先生のメモと、主治医のD先生のメモを見比べてみると
手術方法(メスを入れる位置や傷跡)から
3種類の抗がん剤の名前、治療法(CEF)まで全く同じ。

なんかスゴイなぁ。
うれしくなっちゃう。(^^)

こっちの一方的な思い込みかもしれないけど、
先生との信頼関係は、ホントに大事なんだなって、
今さらながらに思う。

命を預けてるんだものね。

ちなみに、ポチ袋には抗がん剤1回分相当の現金が..
とりあえず、K子とH江に電話でお礼を言う。
本当にありがとう。m(_ _)m

きょうは血液検査

特に異常無し。良かった。 660円
来週、採血の後に2回目の抗がん剤かも。

今朝も下痢したんだけど、抗がん剤のせいなのか、
ただ冷えただけだったのか..(^^;

D先生は「下痢止め出しますか?」と言ってくれたけど、
大丈夫そうなので断った。良かったのかなぁ?

お昼は術後初となる久々の料理。
にんじんの硬さを再認識。
術後初の料理は焼きそば・野菜たっぷり春雨スープ・白菜のサラダでございます
●↑ 焼きそば、緑豆春雨のスープ、白菜のサラダ
野菜たっぷりでヘルシー♪

とにかく食べて、体重を元に戻さないと..

食うぞーっ! (食べられる時にね)

世の中、銭です..(^^;  治療費(入院・手術費)のこと

保険屋さんから届いた診断書を病院に、
国保高額医療費支給申請書(12月分)を市に、
それぞれ提出。

といっても、まだ運転に自信が無いので、
妹に代わりに行ってもらった。

妹は
「出来る人が出来る時にやってるだけだから」と、
食事の差し入れや、買い物、病院の送迎など、
まるで自分の子どもの面倒でも見るように、
私の面倒を見てくれている。

逆の立場なら、同じように出来るかな..
感謝の気持ちを忘れないようにしなきゃ。

他にも、メールや電話で励ましてくれる友だち、
ここにコメントを下さるみなさん、
嬉しいな。ホントにありがとう。(^^)v

入院・手術費用(実際に支払った金額)
 12日間 215,610円(国保3割負担)
 術後用に売店で購入 
  胸帯(胸にするサポーター) 1,580×2枚
  紙パンツ 210×1枚
  ------------------------
   計  218,980円
※検索して来られた方のために再度掲載します。
参考になれば幸いです。

きょうは..

天気が良いので掃除機をかけてみた。
おおっ、これってリハビリに最高じゃん。

ついでに、トイレとお風呂も掃除。
日常生活がリハビリだから、前向きに頑張ろう♪
『普通のことが普通に出来る喜び』を感じながら..

でもね、今のささやかな望みは

 自由に寝返りを打ちた~い!

 うつ伏せで眠りた~い!

眠る体勢が、仰向けか左向きだから
もうね、正直言って飽きた、疲れたって感じ。

明日は病院で血液検査だワン。
何ともなければいいな..

副作用

初めての抗がん剤から5日目。

嘔吐と下痢も、そろそろ治まってきたみたい。
良かったよ、マジで。

吐くんじゃないかって思いながら
恐る恐る食べるなんて、生まれて初めてだわ。

味覚が無くなるという人もいるみたいだけど、
何て言うのか、口の中がいつもと違う気がする。
でも、口内炎が出来るよりは、ずっとまし。

やっと落ち着いた頃に、次があるんだよね。

そして、脱毛..(^^;
まだまだなんだろうけど、朝起きると
真っ先に枕カバーを見てしまう。

カウントダウン開始で心の準備しとかなきゃ。

初めての抗がん剤 CEF療法です

こんばんは。
昨日の午後、無事に1回目の抗がん剤が終わり、
また、美容師の友人にシャンプーしてもらって
さっぱりして帰って来ました。

でも、少し調子良いかなと思って食べた夕食を
思いっ切り吐いてしまいました。(^^;
参りました。

そうなると食べるのが怖くなってしまう。
それじゃいけないと思うけど、難しいね。

3~4週毎に1回を4~6回の予定です。
先は長いけど、いつか思い出に変わる日が来る事を信じて
頑張ります。

真っ赤な点滴
●↑ 抗がん剤(真っ赤な点滴は2本目)~終了

CEF療法
 (ファルモルビシン、5-FU、エンドキサン)
 3~4週毎を4~6回(クール)の予定

先生のメモには、副作用として
 「嘔吐、脱毛、白血球減少、口内炎、下痢など」と、
 抗がん剤の名前と一緒に書いてあった。

■支払い(入院一泊、国保3割負担で実際に払った金額)
 43,110円


さあ、勇気を出して夕飯を食べてみますかね..

吐いても吐いても食べたほうが良いのか、
少しだけ食べたほうがいいのか..
どうしたらいいのかしら?

今朝は雪。

一泊の予定で、入院して抗がん剤治療の始まり。
とうとう来たかって感じ。

退院が早かったから、抗がん剤も早まったのね。(^^;
吐き気が強くなければいいんだけど...

退院したら、可愛いニット帽を買いに行こう。
「ほぼ100%に近い確立で脱毛が起きます」って
先生に言われてるからね。

渡された抗がん剤治療についての冊子を見ると
ありとあらゆる副作用が書かれてあって、ビビリますよ。
ある程度は、覚悟しとけってことか。

『神様は乗り越えられない試練は与えない』って言うから
きっと私にも乗り越えられるんでしょう。
そう信じて、落ち込まないこと。そうしましょう。

去年の10月に右を全摘したE子は、
髪が抜ける前に丸坊主にして
「一休さんのようで似合ってる」と言っていた。

私もE子のように丸坊主にするつもり。
抜けた毛を見るのはねぇ、短くてもイヤだし
掃除も大変だし..(^^;そんな理由かよっ!

髪は必ず生えてくるんだもんね。

まぁ、しゃーないか。
じゃ、行ってきま~す。

術後17日目 イマイチ..明日から抗がん剤

昨日、今日と天気が悪い。
こんな日は、リハビリをする気になれないほど
違和感アリアリで、なんというか辛い。

傷は痛くないけど、脇から胸にかけて
鉄板でも打ち込まれたみたいに
重苦しく突っ張る感じ。
脇にも何か挟まっているような、とにかくイマイチだ。

ひじの上あたりは、擦り傷でもあるように
ヒリヒリ?ピリピリ?変な感じ。

そして明日から抗がん剤治療が始まる
初回という事で、吐き気などの様子を見るため
一泊の予定で入院することに。

荷造りも完了したし、
まっ、何とかなるでしょ。

退院 入院12日目 術後9日目 12/31~入院して思ったこと

晴れ
(※12/31の記事「本日 退院 v(^^)v」に追記)

日曜で大晦日、D先生が朝食中に顔を見せる。
「きょう退院ですね。4日に抜糸しましょう。
予定を入れておきますね」

D先生は、ほぼ毎日、正式な回診(10時頃)の前、
ちょうど朝ご飯を食べている頃に、
一人でやって来て、様子を聞いてくれた。

この日は、私以外にも胆石のおばちゃんが退院。
私が退院すると、病室は2人だけとなる。

朝食
●↑ 朝食

朝食後、リハビリ。
理学療法士の先生ともお別れ。(^^)/~~

年越しそば
●↑ 昼食(病院での最後の食事が年越しそば)

病室のおばちゃん2人に、お別れのあいさつ。
4日に外来に来るので、顔出すからねと約束する。
看護婦さん達にも、ごあいさつ。

病院のベッド
●↑ さよなら~白いベッド
そば殻の枕は硬かったぞい。

はぁ~、これでイヤホンでテレビを見なくていいし、
何よりも自分の布団で眠れる。うれしい。

会計をして、病院をあとにする。

~~ 入院して思ったこと ~~

朝の回診は、外科のK先生のチームが
日替わりでやって来るんだけど、
K先生たら、何も言わずいきなり腕をグイっと上げてから
「これは痛いかな?」だって。

おいおい、いきなりそんな事すんなよぉ。
いってぇ~。何だコイツ、むかつく。
お前も同じ目に合ってみろっ!と言いたい。
そんな、K先生は嫌いです。

そんな訳で、ホントにD先生で良かったぁ。

私のベッドは廊下側だったので、
回診の時、ちゃんとドアとカーテンを閉めてくれて
腕を上げる時も、
「少~し腕を上げてみますね。
これは、どうかな?痛くないかな?」って
少しずつ動かしてくれる。
そういう気遣いが、患者にとってはうれしい。

そうです、私たち患者は物じゃないんだから、
人間なんだから...

確かに忙しいでしょう。
外来の診察、手術、入院患者の回診..
でも、私たち患者は医者頼みなんですよ。

医者の一言や一挙手一投足に
どれだけ敏感になっていることか。
患者の気持ちにどれだけ近づこうとしてくれるのか。
医者の、人間としての度量が分かるってもんですよ。

どんな先生と出会ってしまうのか、
信頼できる先生と出会えるのか、
患者には非常に、チョー大事な、
大きな大きな問題です。

※※ 最後に一言 ※※
もしかしたら乳がん?
なんて思い悩んでいる、そこのあなた!
今すぐ、乳腺外来のある病院へ行きなさい。
そして、セカンドオピニオンも受けましょう。
選択肢は多い方がいいに決まってる。
自分の命は自分で守るしかないのよ。

入院10、11日目 術後7、8日目 12/29,30

朝の雪
二日とも、朝起きるとうっすらと雪化粧、
リハビリして、あとはのんびり過ごす。

29日の朝の回診で、突然退院の許可が出る
ホントに突然だったので、ビックリしてしまって
言葉が出なかった..(^^;
えっ、抜糸もしてないのに..

D先生からは
「夕方までゆっくり考えて下さいね」と言われる。

3週間くらいは入院すると勝手に思っていた。
100日入院したT子(10年前に右全摘)も、
もう退院なの?とビックリしていた。

病院で年を越すのは嫌だったので
31日午後の退院を希望したら、あっさりOK。
不安はあるけど、やっぱり嬉しい。(^^)

朝食
●↑ 朝食

昼食
●↑ 昼食

夕飯
●↑ 夕飯

入院9日目 術後6日目 12/28

晴れ

朝食
●↑ 朝食

朝の回診で、胸帯取れる。ふ~、開放的だぁ。
そして婦長さんに、
「自分でも相当臭いんだけど、先生や看護婦さんは
鼻が曲がっちゃいますよね?」と言ったら
「大丈夫よ、冬だから」だって。
その話を聞いていたD先生が、
「お風呂入ってもいいですよ」と言ってくれた。(^^)

昼食
●↑ 昼食

そして午後、1週間ぶりの入浴。
傷口の下までお湯に浸かる。
シャンプーは、ちょっと辛かったけど、これもリハビリの一環。
はぁ~、気持ち良かったぁ。

 透明な絆創膏から見える傷口、
 まっ平らな胸..
 なんでこんな事になってしまったんだろう..
 これが悪い夢なら..
 なんてね、くよくよしたって仕方ないじゃん。
 明るく復活するのみ。

夕飯
●↑ 夕飯

入院8日目 術後5日目 12/27

晴れ

朝の検温のこと。
最後に私のところに来た看護婦さんが
「お腹の調子はどうですか?」
「あっはっはぁ、これでお腹も痛かったら最悪」
「あっごめんね、ずっと、お腹は?って聞いてるとね」

朝食
●↑ 朝食

昼食
●↑ 昼食

夕飯
●↑ 夕飯

病棟もそうだけど、リハビリ室もお年寄りばかり。
高齢化社会まっしぐら。
病室は、私の母親みたいな人ばかりで
色々頂いたりお世話になりました。

この頃、テレビでは加藤茶の病状が明らかになり
「カトちゃんの奥さんて、大竹しのぶだっけ?」
なんて突然聞かれたり、何ともにぎやかでした。

ただね、日替わりでみんなのいびきが凄くって
寝付けない日が続いたのでした。(^^;

もういくつ寝るとお正月..
●↑ 病院内のお正月飾り

入院7日目 術後4日目 12/26

くもり→雨

この日から、リハビリ室でのリハビリ始まる。
1日1回約20分。
最初のマッサージが気持ち良い。

腕を上げたり伸ばしたりする時、
傷が裂けそうで(そんな訳ないんだけどね)
変に力が入ってしまう。ビビリます。

ナースステーション前で体重計に乗る。
2kgも増えて、軽くヤバイ!

朝食
●↑ 朝食(朝の定番 鮭)持参したふりかけ

昼食
●↑ 昼食(カレー)美味しかったぁ

夕飯
●↑ 夕飯(けんちん)

自分のことをちゃんと記録しておこうと思って
術後、胸の写真をデジカメで撮ったんだけど、
さすがにアップ出来ないやねぇ。(^^;

入院6日目 術後3日目 12/25

晴れ
(※12/25の記事「術後3日目です」に追記)

朝食~おかゆからご飯に
●↑ 朝食(おかゆからご飯に変わる)

昼食
●↑ 昼食(魚のソテー)

夕飯
●↑ 夕飯(ピーマンの肉詰めフライ)

午前中、とうとうドレーンが抜けた。v(^^)
うー、楽チンだぁ。

手術の時、妹が切除した部分を見せられたんだって。(^^;
妹は詳しく言わないんだけど、
見せられたほうは、たまらないでしょうね、きっと。

リハビリ用のボール
理学療法士のHさんから、リハビリの説明。
Hさんは20代半ばの小柄なカワイイ女性。
予定表に1月3日まで日付が入っていたので
漠然とその頃まで入院するんだと思ってた。
(実際は12/31に退院)

リハビリの説明書
この日、術後初めてコーヒーを飲む。
ホッと一息って感じ。
これがベッドの上じゃなきゃ最高なんだけど..
牛乳をたっぷり入れて飲みました。

毎日、兄弟や友だちや誰かしら顔を見せてくれる。
ただ話すだけで、気が紛れる。ありがたい。感謝。m(_ _)m

退院後 4日目 1/4現在 抜糸

退院後の初外来で1/3ほど抜糸。

そして、いよいよ抗がん剤治療開始の宣告
まだまだ先だと思っていたのに..
一難去ってまた一難って感じか。

初回は吐き気などの様子を見るため、
来週、一泊の入院となりました。

入院していた病室の天井
↑病室の天井
また、ここに逆戻りかぁ..

こんな時、闘うぞーっていう気力が大事なんだろうけど、
抗がん剤の副作用が、どの程度なのか、
不安ばかりが大きくて、ビビリまくってます。(^^;

吐き気や脱毛など、程度の差はあれ
乗り越えなきゃならないのよね。

待合室にいた若いカップル。
彼女がとうとう泣いていた。
彼は彼女の手を握り、頭をなでて..
彼女も乳がんなのかな、そうだとしたら悲しいやね。

退院後 3日目 1/3現在

日にちが前後して分かりにくいかもしれないけど、
現在の様子を。

背筋を伸ばすと脇から胸の皮が突っ張るので、
ついつい猫背ぎみ。(^^;

リハビリの、頭の後ろで腕を組むとか、
腕を前から上げる時に、
脇から胸にかけて、鉄板が入っているような、
脇の中身が引っ張られるような、何ともイヤな感じ。
着替えをするのにも一苦労。

あせらず、のんびり..と思うものの、
ちょっと悲しい。

いつ頃から運転できるのかな?
他の方は、どうなんだろう...?

入院5日目 術後2日目 12/24

晴れ

朝の回診で絆創膏を貼りかえる時、初めて傷を見る。
糸が出てるから、ヒョロ長いムカデみたい。
胸の真ん中から、脇の下まで
長さは20cmくらいかな?
思ってたのより長いなぁ。

朝食
●↑ 朝食

昼食
●↑ 昼食(久しぶりのパン)
あったかくて、美味しかった。

この病院の食事は、温かいものはトレイごと温かいし、
私はすべて美味しくいただきました。
そうそう、友だちのアドバイスで、ふりかけを用意して正解でした。

午後、お見舞いに来てくれた友達と
1階のロビーでコーヒーを飲む。
ケーキを手にした見舞い客の多いこと。
クリスマスイブなのねぇ。
友だちも妹もケーキを持って来てくれた。

夕飯
●↑ 夕飯(チキンにケーキ)
右下はクリスマスカード。
「早く良くなってください ○○病院栄養科」
と書かれた手作りカード。

ドレーン
あとは胸のドレーンのみ。

入院4日目 術後1日目 12/23

晴れ

手術の後、6人部屋へ。
私以外は、みんな内臓の病気。
胆石、胃の全摘、大腸の半分を切除、小腸を切除など。

みんな食事制限があるので、
術後なのに、普通に食事している私を見て
「美味しそうに食べるねぇ」と羨ましそうだった。
申し訳ない..

朝食(おかゆ)
●↑ 朝食(おかゆ)

尿の管取れる
手術着からパジャマに着替える。
この時、点滴をしたままだったんだけど、
看護婦さんがサッとパジャマの袖に腕を通したんだよね。
う~ん、不思議っていうか、スゴイっていうか。

そして、紙パンツから普通のパンツに履き替える。
何でも、普通が一番いいなぁ..としみじみ思う。

それから、採血。
腕はダメだということで、足の甲から採血
マジで痛かった。
看護婦さんの「痛いけど、ごめんね」に、
「痛くて笑っちゃいます」と答える。

昼食
●↑ 昼食(おかゆ)

点滴とドレーンを付けたまま、歩いてトイレへ。

夕飯
●↑ 夕飯(おかゆ)

夕方 点滴終了で、さらに身軽になったので、
階下のトイレでのんびり。(^^;
あとはドレーンのみ。

脇の感覚が無い。
傷の痛みは感じず。

リハビリ用のボールを渡されたので、ギュッと握ってみる。
握力は大丈夫、問題無いみたい。
胸帯(胸用のサポーター)が暑苦しい。

入院3日目 手術当日 12/22

くもり

とうとう手術の日。さよなら、おっぱい。
朝から絶飲食。

午前
 手術着に着替え。
 紙パンツと血栓予防のハイソックスをはく。
血栓予防のハイソックス

↑血栓予防のハイソックス

 手のひらにマジックで名前を書く。

点滴開始
 点滴開始。(今見ても痛そう..)

午後4時半 手術室へ
看護婦さんの「音楽のリクエストは?」の質問に
「クラシック音楽を」と言ったものの
麻酔医の「はい、眠くなりますよ」の一声で
コテンと眠りに落ち、音楽がかかっていたのか記憶に無い。

目が覚めると、病室の天井。
兄弟が私を取り囲んでいる。
なぜか、とっても薄暗い。
「消灯までいるからね」の声で、まだ消灯前なんだと分かる。
酸素マスクが蒸れて暑苦しい。
この時、痛みは感じず。

看護婦さんが何度も様子を見に来る。
わきの下に氷を挟んでくれたり、
右腕の下にタオルを入れてくれたり、
看護婦さんも大変だ。

真夜中、酸素マスクをはずしてもらう。
蒸し暑かったので少し楽になった。

入院2日目 手術前日 12/21

くもり

朝食
●↑ 朝食

午前 麻酔科で説明を受ける

昼食
●↑ 昼飯

午後 脇の毛を剃られる その後入浴 (^^)

夕飯
●↑ 夕飯

「Dr.コトー」の最終回を見てしまう。
テレビを消した10分後に巡回。ホッ。(^^;

入院1日目 12/20

晴れ

午前
 採血・心電図・肺機能検査
 個室へ入る
手術までのんびりするよう病院の配慮らしい。

入院1日目の私
病院のパジャマに着替える。まだ余裕の私..

午後
 採尿・腹と胸のレントゲン


クリティカルパス(医療の予定表)
クリティカルパス(医療の予定表)での説明。
売店で胸帯と紙パンツを買う。

夕方 家族への説明
 D先生から説明を受ける
 セカンドオピニオンのN先生から手紙が来たとの事、
 こういう病院を超えた連携があるのは嬉しいことだ。

昼食
●↑ 昼食

夕飯
●↑ 夕飯

久しぶりに兄弟全員が揃う。
個室なので気兼ねなく集まれるのが嬉しい。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

CookClock (クッククロック)

  • CookClock (クッククロック) ♪

♪リンク

無料ブログはココログ