サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

ログ

« 検査始まる ~マンモグラフィから針生検まで | トップページ | 結果出ず ~ ドキドキもんですよ »

検査その2 ~切開生検

※切開生検とは..
 手術による検査。傷跡が残る。
 針生検では、ハッキリとした診断が出来なかったため、
 切開して、しこりの一部を取る事に。

●4回目の検査 11/24(金)
 切開生検 11:00~12:30 11,380円

外科の日帰り手術を受けました。
顔色や爪の色を見るため、化粧やマニキュアはダメ。

1階の乳腺外来で着替え。
パンツ一丁になり、手術着、その上にガウンを着る。
歩いて、2階の手術室へ。

左の手のひらに白いテープを貼り、
マジックで自分の名前を書き、それを読み上げる。
  『患者の取り違えが起こらないようにしてるのね。』

シャワーキャップのような帽子をかぶり、手術台の上に仰向けに寝る。
「狭いですから、気をつけてね」
  『なんだぁ、この手術台、ホントに狭すぎじゃね?』

右手の人差し指に脈拍計、左腕に自動血圧測定機、
左胸と右太ももに心電図用のセンサーを付ける。

準備OK。
ドクターを待つ間に、看護士さんが
「何か聴きたい曲はありますか?」と聞いてくれた。
  『え~っ、リクエスト出来んのかよっ。病院も変わったなぁ』

「えっ?じぁ、Jポップがいいかな」と私。
「あるのは、徳永英明と...」
「徳永英明でいいですよ」

徳永英明の「VOCALIST」

流れてきたのは徳永英明の「VOCALIST」。
これは、徳永英明が女性シンガーの
バラード曲をカヴァーしたもの。

1曲目の「時代」から始まって11曲目の「会いたい」まで
手術中、気を紛らわすために、左手の人差し指で
リズムを取り、頭の中でずっと歌ってました。

徳永英明が特別好きっていうわけじゃないけど、
彼の歌に救われた気がした。

局所麻酔をして、手術開始。
引っ張ったり、押し広げたりしてる感じは分かるし、
電気メスで焼き切ってる熱さも伝わる。

でもね、途中3回くらい麻酔が足りずに、
痛みで涙がにじんで来ましたよ。
「あっ、痛かった?ごめんね。」
 『いってぇ~、こらっ××、お前も同じ事されてみろっ!』
そうなると、一気に全身が突っ張る感じ。
1時間弱の手術だったけど、疲れましたぁ。

組織検査のための切開なんだけど、
摘出したものを見せてもらった。

吉と出るのか凶と出るのか、運命の分かれ道...

乳腺外来へ戻って、診察室の後ろで着替えていたら、
診察室からこんな声が聞こえてきた。
「ご主人ですか?残念ながら奥様は乳がんです」
 一瞬、着替えの手が止まる。
『ゲッ!マジ?聞こえてるんですけど...がんて...』

さっき、待合室にいた夫婦かぁ。

『そうかぁ、最悪の場合、残念ですがって切り出すのか』
結果が出たら、私はどう切り出されるんだろう...
『残念ですがって、言わないで欲しい』と祈りたい気持ち。


この日は、妹が送迎してくれた。
妹からの前日のメールには
「頼りないけど、こき使ってください」とあった。
うれしかった。ありがとう。

« 検査始まる ~マンモグラフィから針生検まで | トップページ | 結果出ず ~ ドキドキもんですよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検査その2 ~切開生検:

« 検査始まる ~マンモグラフィから針生検まで | トップページ | 結果出ず ~ ドキドキもんですよ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

CookClock (クッククロック)


♪リンク

無料ブログはココログ